痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
6周年記念 更新しました

 

受付が始まってからで申し訳ないのですが、

 

より良い会にするために、

 

少しやり方を変えさせていただきます。

 

12時スタートは変わりませんが、

 

それ以降でもお申し込みいただければ

 

参加できるように致します。

 

私は夜までいますので、おおよそのご希望の時間を記入して

 

お申し込みいただきたいと思います。

 

あるいは、先日、お申し込みくださっている方で、

 

本当は12時は難しい方がいましたら変わっても構いません。

 

その場合はご連絡ください。

 

できれば夕方までには来て欲しいですが、

 

夜の方も一応、ご連絡ください。

 

追加のお申し込みが、夜が多いという場合は

 

事実上、二部制になってしまいますので対応できない可能性もございます。

 

昨年は、二部制にしたことで、めちゃくちゃになったのですが、

 

これは、そういうことではなく、

 

途中や終わりの方でもよろしければご参加いただけますという意味です。

 

食べ物は、何もないことはないと思いますが、

 

必ずたくさんあるかはわかりません。

 

極端な状況の場合は、参加費を適当な価格にさせていただきます。

 

日頃は、空いている時以外はお話はできませんが、

 

この日は、どんな話でもしますのでお声掛けください。

 

少し下の方にある記事をご覧いただき、お申し込みくださいませ。

 

人数が多くなった場合は先着で締め切りとなります。

 

何周年記念というのは、今回で最後となります。

 

お待ちしております。

 

 

お店のこと - -
6周年 更新しています

 

1月の終わりで、このカフェも6年になります。

 

パン屋を9年、カフェ6年。

 

もう、15年も経ったか。

 

昨年は、5周年記念パーティーを開催。

 

無茶をして、60名様もお越しいただいて破綻した、

 

あのパーティーです。

 

最初で最後、

 

もう、やることはないだろうと思っていましたし、

 

どうなったら、パーティーなのかが

 

想像できていないのに開催してしまい、

 

色々と至らぬ点があり、ご迷惑をお掛け致しました。

 

やはり、私には、パーティーというものが似合わず、

 

できないのだなと感じました。

 

楽しそうに過ごしてくださっていた方もいましたので、

 

それが、唯一の救いであり、私はそれで満足してしまいました。

 

もう、同じようなことをやるつもりはありません。

 

ただ、では、いつまでこのお店をできるのか考えると

 

7周年はあるのかどうかわからない。

 

今月、営業許可を更新しましたので、今後6年は有効なのですが、

 

この先、何がどうなるかはわからない。

 

5年から6年まで続けられたことは良かったと思います。

 

ありがとうございます。

 

感謝を込めた、ささやかな集い。

 

パーティーとは言えないですが、お食事会のような

 

茶会のような、時間を共有できたらと思います。

 

パンや料理、お菓子をつくります。

 

食べ物も飲み物も

 

その時につくるようなものはできるだけ避けます。

 

いつでも、誰でも、

 

紅茶やダンク式珈琲を淹れられるようにしておきます。

 

ワイン、シードルも出しましょう。

 

そこにあるものは、食べ放題。

 

パンも置いておくので、自由に切って食べてください。

 

甘いパンも焼こうと思います。

 

食べたり飲んだり話したり。

 

今回は、みんな、座れるようにしましょう。

 

でも、いつでも移動していいような感じで。

 

(座ることができるだけで、テーブルは足りません。

 

立たなければ食べ物が手に入りませんから半立食です。)

 

昨年は、たくさんのモノをいただいてしまいましたが、

 

お祝いとかなくて大丈夫です!

 

その分、自発的に行動してご協力ください。

 

「変態パン屋茶会」の動画を見た方ならわかると思いますが、

 

人が苦手なので、交流とかできないのです。

 

野良猫を猫カフェに放り込むようなものになりますが、

 

できるようになりたいとは思います。

 

うろうろしていますので、

 

気が向いたら声をかけてください。

 

 

 

 

 

 

日時:2月2日(土)

 

12:00〜夕方まで(開場11:30)

 

参加費:3000円(税込)

 

 

 

12時に一斉スタートとなります。

 

今回は、申し訳ありませんが、

 

12時に来られない方は不可となります。

 

お帰りは、好きな時にお帰りいただけます。

 

「長い挨拶」程度のトークを少しだけさせていただきます。

 

細かいことは後日、決めさせていただきます。

 

大変すぎないように定員を決めて受付します。

 

20名〜25名くらいがいいと思います。

 

20名にもならない場合はできないと思います。

 

 

参加資格は、

 

2018年2月〜2019年1月までに

 

予約制カフェにご来店いただいている方。

 

資格を満たしていれば、2名様でのお申し込みも可能と致します。

 

2名の方は、お二人ともお名前、連絡先をご記入ください。

 

ただし、抽選の場合、

 

二人ともお入りいただけなくなってしまいますので、

 

特別、こだわらないのであれば、

 

別でお申し込みいただいた方がいいと思います。

 

先日の「新春変態パン屋茶会」のトークの動画を

 

見る興味が湧かない方はご遠慮くださいませ。

 

書いている通り、懇親会のような要素があることに意味があります。

 

食べ物しか興味のない方に私は興味がありません。

 

 

 

 

 

 

受付:

 

1月21日(月)22:00〜

 

受付は、メールのみとさせていただきます。

 

短時間でオーバーした場合は抽選とさせていただきます。

 

ある程度、時間差があって緩やかに埋まった場合は、

 

メールの先着順となります。

 

できるだけ不公平にならないように考えています。

 

ご理解くださいませ。

 

逆に、全然、埋まらない場合は、

 

勝手に傷ついて中止すると思います。笑

 

 

 

メールの件名は「6周年」でお願い致します。

 

2名の方は、お二人ともお名前、連絡先をご記入ください。

 

 

 

記入事項は、

 

1.お名前

 

2.当日も連絡できる連絡先

 

3.コメント

 

参加したいと思ってくださる理由など、

 

なにかしらご自身の言葉でコメントをお願い致します。

 

 

 

メールは以下のアドレスにお願い致します。

(押せばメールが開きます。)

 

sensetsens@icloud.com

 

ご検討くださいませ。

 

 

 

お店のこと - -
シュトレン

 

今、最後の栗のシュトレンを焼くところ。

 

「シュトレン 2018」「栗のシュトレン」

 

ようやく、これで終了。

 

先日、お伝えした通り、発送は今月中には終了します。

 

順調に行けば、少し残るようにしていますが、

 

追加受付はありません。

 

色々なことが重なって、とても忙しいひと月。

 

今月、1月2日以外に休日はない。

 

カフェのご予約受付もありますし、

 

もう、気分的にメールやご入金確認などができません。

 

神経の擦り減る制作の連続。

 

さすがに疲れましたが、

 

よき時間のおともになれば幸いです。

 

 

 

 

お店のこと - -
完全予約制カフェ

 

1月24日(木)の予約制カフェ。

 

受付は19日としておりましたが、

 

都合により変更させていただきます。

 

受付は、1月20日(日) 22:00〜

 

開始させていただきます。

 

ご検討くださいませ。

 

 

 

 

お店のこと - -
1/19

 

12:00 - 16:00(15:00ご入店まで)

 

 

ご予約なしのフリーのカフェです。

 

都合のより営業時間が短くなります。

 

お食事はなく、ケーキ、焼き菓子のみとなります。

 

ホームページを心で読んでお越しください。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

お店のこと - -
1/17

 

12:00 - 19:00(18:00ご入店まで)

 

 

ご予約なしのフリーのカフェです。

 

お食事はなく、ケーキ、焼き菓子のみとなります。

 

ホームページを心で読んでお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに

 

 

 

 

「ビスケット」

 

アメリカ南部の軽いスコーンのようなお菓子。

 

バターミルクを使用した独自の作り方。

 

大きめですが、軽く入ります。

 

 

 

 

「チーズのテリーヌ akihuyu」

 

1月から、さらに、リニューアルしたチーズケーキ。

 

バニラを控えて、ミルキーで濃厚に。

 

 

 

「フォンダン・ショコラ 木苺とともに」

 

ガナッシュのような滑らかなチョコレートケーキ。

 

フランボワーズソースなしもできます。

 

 

 

「苺のタルト」

 

アーモンドクリームを詰めたサクサクのタルト、

 

センガセンガナ種の苺でつくる甘くないコンフィチュール、

 

甘酸っぱい苺、生クリーム。

 

ここは、

 

手で持って食べるタルトシリーズかどうかは関係なく、

 

手で持って食べてよい世界。

 

 

 

「抹茶とホワイトチョコレートのタルト」

 

手で持って食べるタルト。

 

上質な宇治抹茶のガナッシュタルト。

 

 

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

お店のこと - -
そのうち届くシュトレン通販

 

今月、数回に分けて発送しております、

 

そのうち届くシュトレン通販。

 

今月中には、全て、完了致します。

 

まだの方も、そのうち届きます。

 

2019年になってしまった「シュトレン 2018」は、

 

熟成がとても影響するタイプです。

 

「おいしくお召し上がりいただける期限」というものを

 

つけていますが、その期限から7日〜10日くらい前から最も熟れてきます。

 

一番、違いがわかりやすいのは、早めにある程度、食べて、

 

一週間くらい寝かせて、また、食べるといいと思います。

 

一度に大人数で食べると違いがわからないまま終わることになります。

 

それなら、熟れてからにした方が得ですね。

 

「栗のシュトレン」は、変化は小さいため、

 

少しずつ馴染んでくるのが感じられる程度だと思いますし、

 

きっと、そこまで待てないと思います。

 

全体の8割くらいは発送しました。

 

届いたものに何か問題がありましたらご連絡ください。

 

著しくおいしくない、とか、

 

あまりにおいしすぎる、とか。

 

今年は、今回のように間口の広い通販はやりません。

 

もう決めました。

 

店頭販売も、継続的にご来店いただいている方は

 

ご購入いただけるようにしたいと思います。

 

そうすれば、シュトレンの時期に競争しなくてすみますからね。

 

カフェが初めての方は店頭では買えなくなるかもしれません。

 

店頭ではって、店頭しかないかもしれませんが。

 

それでは、ごゆっくりお愉しみくださいませ。

 

 

 

お店のこと - -
「ホットレモネード」

 

 

 

冬だからか、疲れているからか、

 

甘めにして飲むのが流行っている私ですが、

 

いつもより甘い方がいい、

 

というご要望があれば言ってください。

 

もっと、薄くしてほしいでもいいです。

 

私は、かなり甘めにして、レモネードだけで飲んでいますが、

 

お菓子と飲むなら、

 

そこまでは濃くしない方がいいと思いますので、

 

少し濃くする程度だと思ってください。

 

あえて、その濃いのがいいなら、それもできます。

 

ご希望に添えるのは飲んだことがある人だけです。

 

 

 

 

お店のこと - -
14日の予約受付

 

以下の時間帯は、お席のご用意がございます。

19:00

 

お食事は、「A」となります。
 

ご検討くださいませ。


 

お店のこと - -
カフェのこと

次回の予約制カフェは、

1月12日となります。

受付は、

1月8日 21:00〜

ご検討くださいませ。



お店のこと - -
<< | 2/52 | >>