痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
今日のひとこと

 

ちょうどひと月前、

 

七夕に開催したライブ

 

fall in sens 〜 感性に落ちる

 

 

 

no11roomさんが、

 

あの時の音を公開してくれました。

 

最初のティンシャ(鐘のような音)とシンギングボウルは私。

 

シンギングボウルは視覚的な面白さでやったので、

 

(水を入れて鳴らすと水が振動で跳ねて

 

水面がピシャピシャピシャってなるの)

 

音はわかりにくけれど、

 

水が跳ねる音もよく聴くと聞こえる。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
8月のお菓子教室

 

受付は継続しています。

 

 

 

 

 

8月22日(木)〜27日(火)まで、

 

6日間開催させていただきます。

(6日もできるのか!?)

 

開始日が一日ずれましたが、一日分延長して6日間にしました。

 

 

 

 

6月から内容により時間や形式が変わっています。

 

時間が長くて疲れる。

 

立ってばかりで疲れる。

 

情報が多すぎて疲れる。

 

等のご意見もあるようですし、

 

もう少し私も丁寧に仕上げたいので、

 

試食の時間にゆとりを持ちたいと思います。

 

トータルの時間も30分短くなり、延長はしないつもりで行います。

 

試食の時間が長くなるのは構わないと思いますが、

 

私の講義は時間内で終了とさせていただきます。

 

余計な話はするかもしれません。

 

価格も時間や内容、技術レベル、原材料費により違いが出てきます。

 

以前と同じお菓子の名前でも内容が違ったり、

 

時間が短縮されたりしていますので、違うものだとご理解ください。

 

また、予約制カフェのご利用の有無による

 

会員・非会員というものを採用しておりますが、

 

今後、受付開始日から2年前までとさせていただきます。

 

 

 

 

 

<お菓子教室1>

 

つくりたてではなく、

 

熟成することでおいしくなるケーキ。

 

 

「ケーク・オ・フリュイ」

 

 

 

 

 

ドライフルーツたっぷりのケーク(パウンドケーキ)

 

長期保存可能で長くお楽しみいただけます。

 

フルーツを変えて、毎回、違うおいしさが楽しめます。

 

たっぷりドライフルーツ入れるための生地づくりをします。

 

「フルーツケーキは苦手」と思っている方は、

 

そのフルーツケーキが苦手なだけです。

 

私のは違います。

 

 

 

「サンティアゴのケーキ」

 

スペイン修道院でつくられるアーモンド風味のお菓子

(最近もお店で販売しているものです。)

 

小麦粉が入らず、アーモンドパウダーのみでつくる特別なお菓子です。

 

スペイン産の最高級マルコナ種アーモンドを使います。

 

型はどれでも焼けるのでつくりやすいと思います。

 

当日、焼いたものと熟成させたもの両方お召し上がりいただけます。

 

 

 

22日(木)残り1席

 

23日(金)残り4席

 

24日(土)満席

 

 

12:00 - 15:00

 

定員10名様

 

会員 8500円  非会員 11500円

 

 

 

 

 

<お菓子教室2>

 

チーズケーキ2種

 

夏なので、軽い食感のチーズケーキと

 

ひんやり冷たいチーズケーキ。

 

「スフレ」と「レアチーズ」、

 

クリームチーズは別のものを使います。

 

 

 

「スフレチーズケーキ」

 

メレンゲを使った、ふんわり柔らかいチーズケーキ。

 

味わいはしっかり、口溶けの良いケーキです。

 

ずいぶん前にカフェでもお出ししたことがあります。

 

インスタグラムには載っています。

 

 

 

「チョコレートレアチーズケーキ」

 

焼かずにつくれる、チョコレートで固めるチーズケーキ。

 

ドライフルーツや生のフルーツなどと合わせてもおいしいです。

 

クリームチーズもチョコレートもこれに合うものを使用します。

 

大きくつくってカットしても、カップでもつくれます。

 

 

 

25日(日)満席

 

26日(月)残り4席

 

27日(火)残り6席

 

 

 

12:00 - 15:00

 

定員10名様

 

会員 7000円  非会員 10000円

 

 

 

 

 

 

 

お菓子づくりに、アマもプロもありません。

 

アマ用だと思われているものは、

 

勝手に、一般の方でも失敗しないように、

 

安全な配合に調整したレシピを使って、

 

できたように見せかけているだけです。

 

私のプロ向けの講習とこの一般向けワークショップの違いは、

 

プロ向けの場合、

 

材料の仕入れのこと、原価のこと、作業効率、大量仕込み、

 

ロス対策などの話をすること。

 

一般向けの場合、

 

少量でおいしくつくれるような工夫を意識すること。

 

違いはお話だけで、理論、技術に違いはありません。

 

「失敗しない=成功」?

 

70点のものは70点にしかなりません。

 

100回つくっても70点です。

 

作業に慣れて早く効率よく、

 

ブレが少なくつくることができるようになると思いますが、

 

「素晴らしく70点が取れる人」になるだけです。

 

70点を実践するよりも、100点を知ることの方が大事です。

 

100点を知らないのに

 

どうやって100点をイメージすることができるのか。

 

大半の人はできないことです。

 

それは知らないからです。

 

ネットにも、たくさんレシピが載っていると聞いたので、

 

何度か見てみたことがあるのですが、

 

それはそれはひどいもので、数字を見ただけで、

 

どれほどおいしくないかわかりますし、

 

説明があまりにも雑で、相当な個人差が出るだろうと想像できます。

 

作業途中の生地などの写真を見ても、

 

私からしたら、すでに失敗しているようなものもある。

 

 

料理とお菓子とパンは、それぞれ、全く違う感覚を使うもの。

 

お菓子づくりは、建築と同じです。

 

あなたは、なんとなく建て始めた家に住めるでしょうか?

 

家を建てるには、隅々まで設計して、

 

計画的に実行する必要がありますよね。

 

設計図が間違っていたら間違えたまま完成しますから、

 

設計図づくりからやるのがお菓子づくりです。

 

家を建てるところだけやりたいというのは無理なのです。

 

大切なのは基礎の精度とその使い方(製法)です。

 

基礎をどう使うかが応用というものになります。

 

基礎ができていれば、

 

お菓子やケーキになっていなくてもそれだけでおいしいのです。

 

お菓子そのものでなくても、

 

例えば、メレンゲを立てることの中で起こりえる問題や

 

見極めについて目の前で見せる、ということをやれば、

 

いろんなお菓子の精度が上がります。

 

全てを最初からはできないかもしれませんが、

 

チャレンジすることでできるように説明します。

 

可能性がないものなどありませんし、それならやりません。

 

できるできないを考えるよりも

 

ご興味ある方はやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

数種類のお菓子づくりのデモンストレーション

 

いかなる表現にも対応できる理論、

 

質問、試食(珈琲等のドリンク付き)

 

時間のある限り、

 

日頃のお菓子づくりの疑問にもお答えします。

 

 

 

 

<参加資格>

 

どなたでもご参加いただけます。

 

経験は一切不要です。

 

余計な体験がある方が固定概念があって邪魔なくらいです。

 

ご自宅でお菓子づくりをされる方、

 

お仕事でお菓子づくりに関わる方、プロの方でもかまいません。

 

 

 

 

<注意事項>

 

料金は、簡易的会員制となります。

 

カフェご予約履歴があるかどうかにより異なります。

 

ご予約履歴とは、

 

完全予約制とフリーのカフェのオープン時のご予約に限らせていただきます。

(以前、フリーのオープン時のみ予約を受け付けていたことがあります。)

 

こちらに、メールの履歴がございますので確認させていただきます。

 

期間は、受付開始日から2年前までとさせていただきます。

 

遠方からのお客様も多いので、ご利用回数は無関係です。

 

1回でも100回でも同じという意味です。

 

このような方法を取るのは、私の表現を体験していないのに

 

習いたいと言われてもどうも腑に落ちないからです。

 

歓迎していないというわけではありませんが、

 

得られるものに差があると思うから心配なだけです。

 

 

参加費は、ゆうちょ銀行への振込前払い制となります。

 

キャンセルは不可。

 

ご入金後のキャンセルは理由にかかわらず返金できかねます。

 

こちらに損失が出ますし、再受付も大変です。

 

ご理解くださいませ。

 

お一人で参加できる方のみとさせていただきます。

 

埋まらない場合は直前まで受付致します。

 

お店や活動をされている方で、領収書が必要な方はご記入ください。

 

その場合、屋号などをご記入ください。

 

当日では対応できません。

 

質問は時間内のみとさせていただきます。

 

終了後の質問は受付できません。

 

 

 

 

 

 

 

受付:7月27日(土)21:00〜

 

受付は、基本、先着順とさせていただきます。

 

記入事項の不備は無効となりますのでご注意ください。

 

 

 

<お申し込み方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「お菓子教室1」or「お菓子教室2」としてください。

 

記入事項を以下の番号順にご記入ください。

 

記入事項は、

 

 

1.お名前(漢字、フルネーム)

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.参加希望日

 

複数ある方は希望順にご記入ください。

 

5.お菓子づくりのこと、参加希望理由、

 

日頃のお菓子づくりの疑問など、

 

何かしら自由にご記入ください。

 

カフェご予約履歴のない方はそのようにご記入ください。

 

 

 

 

 

 

以下のアドレスをクリックしてご使用ください。

 

workshop.sensetsens@gmail.com

 

お申し込みお待ちしております。

 

 

 

 

 

お菓子教室 - -
今日のひとこと

 

私が、

 

「〇〇な人、嫌い。」

 

と言っているそのすべてが、

 

場の気を乱し、

 

他の人の満足度を下げることになるから。

 

厳密には、

 

その人が嫌いなのではなく、

 

その人のすることが嫌いなだけ。

 

私のパフォーマンスが下がるようなことをすれば

 

どなたかにお召し上がりいただくものの

 

エネルギーが低下することは当然だ。

 

他の人に「気の干渉」をする行為も同様。

 

全ての人が気持ちよく過ごせる場でありたい。

 

そのためなら、私はどんなに嫌われてもいい。

 

嫌われても気は乱れないが、

 

私を嫌った人は、嫌った本人の気が乱れる。

 

気が乱れている人を好きになる人は少ない。

 

嫌われる確率は高くなる。

 

つまり、

 

嫌うから嫌われる。

 

 

 

 

 

「どうして、嫌われても平気なのですか?」

 

と問われたらこう答える。

 

他人にどう思われるかを基準に生きていないから。

 

ネコ並みに。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
予約制カフェのこと

 

昨夜、12日の受付のみ開始ということでしたが、

 

書いた通り、14日と17日もメールをいくつかいただいています。

 

返信も大変なもので、もう、そのまま受付開始と致しました。

 

ただ、昨夜、送ってくださった方が

 

優先的にお入りいただけるという意味ではありません。

 

それだと不公平ですから、本日の方も合わせて、

 

オーバーした時間帯がある場合は抽選とさせていただきます。

 

まだ、きちんと確認できていません。

 

12日はお入りいただけない方が数名いらっしゃいます。

 

できるだけ早く、12日の方から返信させていただきます。

 

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

 

ツイートした通り、

 

今日は、空きっぱなし。

 

でも、よいカフェだったと思う。

 

それは最初で決まった。

 

あの子、とてもいい時間を過ごしてくれた。

 

よく感じてくれた。

 

意識がここにないことが後ろ姿でもわかった。

 

これぞ、サンスだなという現象だった。

 

 

 

無意識の世界にアクセスできた時、

 

本当の自分に会える。

 

本当は、今、感じていること、

 

気にしていること、

 

忘れかけていた忘れられないこと、

 

不思議と湧いて出てくる。

 

だから、

 

些細なことがすごく嬉しかったり、

 

過去の悲しみが今のように戻ってきたりする。

 

 

 

それが

 

その人の救いになることを願って

 

ここに立っているし、

 

あの子が

 

今日の私の救いになったのだ。

 

ありがとう。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
あー

 

んじゃもう、めんどうだから

 

14日も17日もスタートでいいですよ。

 

全然、読んでないね。

 

きっと、空いてるでしょうから、

 

全部、スタートということでお願いします。

 

14と17ご希望の

 

きちんと読んでくださった方は慌ててください!笑

 

 

 

 

お店のこと - -
ご予約メール

 

だ・か・ら

 

12日だけだってば!!

 

 

 

お店のこと - -
完全予約制カフェ

 

先日、以下の告知をさせていただきました。

 

12日のご予約受付のみ今夜から受付となります。

 

14日、17日は、数日ずらして行わせていただきます。

 

新しい予約制カフェが始まったのではなく、

 

あくまで限定的なものだと思ってください。

 

前にも言いましたが、

 

痛めている左肩が治らないというか、

 

治す気がないというか、時間がなくて放置しています。

 

お菓子づくりばかりをすると悪化するため、

 

その都合でご予約制とさせていただきたいということになりました。

 

あとは、先日、

 

「これ、いつ冷凍したんだかな」という

 

自分の冷凍していたパンを食べる機会がありましたが、

 

素直においしく感じ、

 

あの超人気店より、

 

この冷凍パンの方がおいしいんじゃない?って思ったので、笑

 

パン焼きたくなったというのもあります。

 

(多くの人は、本当のおいしさよりも、

 

「人気店に行っている自分」が好きなんでしょうね)

 

暑いので、パンを食べる気もしないかもしれませんが、

 

望んでくださる方がいるのであればやりたいと思います。

 

私のパンは溶けますから、この世界のパンとは違います。

 

ただ、申し訳ないのですが、現時点でメニューを確定できず、

 

以前のように3種から選ぶなどもできません。

 

メニューがわからないと気が進まない方はスルーしてください。

 

おいしくお召し上がりいただける方のみお願い致します。

 

価格はお食事とデザートで1600〜1800円の予定です。

(サンドの場合は、1600円に近いと思います。)

 

確定できず申し訳ございません。

 

200円、300円も貴重なお金ですが、

 

その差で行く行かないが変わる方は避けてください。

 

特別、量が多いとか、極端に少ないとか

 

多くの人に受け入れられないようなものをつくることはありませんが、

 

細かいことを気にする方は避けてください。

 

メニューがわからないのは嫌でしょうから空いていて構いません。

 

どうぞ、メニューのわかるお店に行かれてください。

 

臨時のカフェ営業となりますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

8月の完全予約制カフェ

 

12日(月・祝)カフェ営業

 

14日(水)カフェ営業

 

17日(土)カフェ営業

 

 

 

 

 

こちらの3日間は予約制とさせていただきます。

 

(その他の営業日は、

 

8月27日まではカフェの営業の記事に記載しております。)

 

パンを使ったお食事(料理とパンorサンドウィッチ)、

 

デザート、ドリンク(珈琲、有機紅茶、お好きなもの)のセットのみ。

(お食事のみのご予約は不可)

 

価格は、お食事とデザートで1600〜1800円の予定です。

 

確定できず申し訳ございません。

 

プラス、お好きなドリンクをご注文ください。

 

お食事は、先に告知できる場合もあるかもしれませんが、

 

現在は確定しておりません。

 

内容問わず、ご予約いただける方のみご予約くださいませ。

 

そんなに変わった食材などは使用致しません。

 

お食事の際のお飲み物のご注文はワインのみとさせていただます。

 

デザートの際に食後のお飲み物とさせていただきます。

 

3日間、同じ内容という意味ではありません。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

ご予約受付:8月5日(月)22:00〜

 

初めての方は、6月まで2年半近くやっていた

 

完全予約制カフェの記事ホームページを必ず読んでください。

 

当日やお申し込みの注意事項などをご確認ください。

 

 

 

 

 

<ご予約方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「○日の予約」としてください。

(件名未記入は無効)

 

 

 

記入事項を以下の番号順にご記入ください。

 

記入事項は、

 

 

1.お名前(漢字、フルネーム)

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.ご希望の時間帯

 

(最大3つまで希望可、必ず優先順位をつけてください。

何時でも可というのは不可。)

 

ご予約可能時間:

 

12:00   13:30   15:00   16:30   18:00   19:00

 

 

 

食後の珈琲、紅茶以外に

 

ビオワイン(赤・白)をご希望の方はご記入ください。

 

12日の白は、

 

アルザスのスパークリングを開けたいと思います。

 

ご注文はスパークリングワインか赤でお願い致します。

 

スパークリングは、ご予約でなくなってしまった場合、

 

当日はご注文いただけません。

 

12日以外は、赤・白のみとさせていただきます。

 

その場合の白の価格は未定です。

(¥800 - 900)

 

当日のご気分や体調もあると思いますので、

 

当日、キャンセルでも構いません。

 

その場合最初にお伝えください。

(もしくは、当日、来られる前にメールでお伝えください。)

 

スパークリングワイン(白) ¥900

 

赤 ¥800

 

 

 

5. ご来店ご希望のきっかけや動機、

 

現在の心境、日常で感じることなど、

 

何かしら必ず、ご自身の言葉でコメントをお願い致します。

 

初めての方はそのようにご記入くださると助かります。

 

 

 

 

 

以下のアドレスをクリックしてご使用ください。

 

sensetsens.yoyaku@gmail.com

 

お申込みお待ちしております。

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

 

昨日の「お客様へのお願い」

 

ご理解いただけましたか。

 

簡単に言えば、

 

カフェに入店して無料で帰るは反則でしょう、

 

ということです。

 

カフェは、料理ジャンルではありません。

 

時間の長さに関わらず、

 

過ごすことで、その人が何かを見出す場所。

 

お金を払うかわかりませんがカフェに入店します。

 

ということは、

 

作品は見ないので美術館に無料で入る、とか

 

アトラクションは楽しまないけれど

 

遊園地の雰囲気は無料で楽しむ、

 

というのと同じことです。

 

特に当店「sens et sens」は違います。

 

この扉を開けたことがある人の多くはわかるはず。

 

別の世界がある。

 

お帰りになる時、より実感することでしょう。

 

「あぁ、いつものこの世界に戻るのか。」と。

 

 

 

 

 

先日、久しぶりに代官山から渋谷まで歩きました。

 

36度だったけど、

 

「夏だなー。」を感じられたのはそれでよかった。

 

暑いのは苦手だけれど、夏を感じるのはいい。

 

そうでないと、冬の良さも感じられないから。

 

 

 

 

どうでもいいような話ですが、

 

私、食券のお店、苦手なのです。

 

あの入り口で注文を決めなければならないという圧力。

 

すぐに後ろに次の人が来たら最悪だし。

 

私は、ゆっくり見たい方。

 

絶対、女性に好かれない方法だと思う。

 

 

 

 

今日、カフェで、

 

「私を急かす気ですか?」と言いました。

 

怖かったでしょう。笑

 

ごめんなさい。

 

性格が悪いので、

 

わざと嫌われることをする私です。

 

変に気を使わないで、

 

座ってのんびりお待ちください。

 

おかわり、嬉しかったですよ。

 

ありがとうございます。

 

 

ついでに言いますが、

 

「急かす人大嫌い」というのは、

 

早く片付けてください、

 

早くメニュー見せてください、

 

早く注文受けてください、

 

早く出してください、

 

早く会計させてください、

 

などを意味する行動です。

 

言動は論外。

 

自分にゆとりがないのを人に押し付けないでください。

 

スピード重視ならそういうお店に行ってください。

 

私は対象を最適化することが得意ですから、

 

その場の最適な行動をしています。

 

飲食物のクオリティー重視の上で。

 

それと、

 

私より慎重で丁寧につくる人、そういないですから

 

時間かかります。

 

ついでに言いますが、

 

「丁寧」と「ただゆっくり」なのは当然、違って、

 

早くすべきことは早くする、

 

注意深く適切なスピードでやるのが丁寧です。

 

 

 

 

 

閉店後の「桃のタルト」

 

まあまあかな。

 

みなさんは、もっと、桃多いです。

 

 

 

 

 

 

今日のひとこと - -
お客様へのお願い

 

以前から何度か起きていることで

 

カフェである当店として認められないことがございます。

 

混んでいる時に、

 

數十分〜1時間くらい座っていた方が待ち切れず

 

お帰りになられることがございます。

 

 

当店は、私、一人でやっているお店と明記しています。

 

時間と心にゆとりのある方のみご利用可としています。

 

 

例えば、同じ時間帯に6名様来られた場合、

 

珈琲を淹れて、その前後の時間を含めまして、

 

短くても一杯分で5分はかかります。

 

6名様で最短で30分です。

(全て、ブラックのホット珈琲の場合です。)

 

それ以外にフードメニューに時間がかかります。

 

当然のことです。

 

少なからず予測できることだと思います。

 

 

ここにしばらく座っているだけで癒されると思いますし、

 

それだけでこの空間を利用した価値があります。

 

カフェは、ただの飲食店ではありませんので、

 

食べたから飲食代を支払うということとは違います。

 

空間代金が含まれています。

 

今後、ご入店された方で、

 

お席について、ある程度の時間過ごされた後に

 

お帰りになられる場合、

 

1ドリンク分の代金(550円)を請求させていただきます。

 

混んでいる時は、見れば混んでいるのはわかりますし、

 

わかりにくいかもしれない状況と判断した時は、

 

お時間かかることをお伝えしております。

 

「時間と心にゆとりのある方」のみお願い致します。

 

 

厳しく聞こえるかもしれませんが、

 

私は怒っているのではありませんので過剰に受け取らないでください。

 

お待たせして、さらに、お楽しみいただけずに

 

お帰りいただくことは、とても心苦しく、

 

こちらも少なからずのサービスをしていますし、

 

その方のオーダーも気にかけて準備しています。

 

お互いに起こらない方がよいことだと思います。

 

 

 

また、稀にですが、メニューを見て帰る方もいます。

 

最高に嫌われると思ってください。

 

全てのフードメニューが完売した場合以外、

 

珈琲豆がなくなることはありませんので、

 

お席についてお帰りになるというのはやめていただきたいです。

 

他店様でも、こういうことはやめてください。

 

当店であれば、珈琲一杯、550円で

 

何時間いてもよいという条件で勝負しています。

 

ひと席の重みをわかってください。

 

こういうことの積み重ねでお店は潰れます。

 

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

お店のこと - -
<< | 2/128 | >>