痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
忘れ物

 

 

 

カフェのカウンター席に忘れ物がありました。

 

直径1.2、3mmのものになります。

 

心当たりのある方、ご連絡くださいませ。

 

 

 

 

お知らせ - -
31日のご予約受付

 

今日もカフェ休業日は仕事です。

 

31日、最近では珍しく混んでいます。

 

基本的には単純に、

 

メールの時間順、

 

ご希望の時間帯と空席状況との都合です。

 

お入りいただけなかった時に、

 

「私、嫌われたんだ。」

 

という気を飛ばしてくる人がいますが、

 

勘違いですからね。

 

飛ばされた私も気持ちよくはありませんし、

 

何より、あなたが一番、損ですからやめましょう。

 

私の好き嫌いのせいにしないでください。

 

希望時間帯が一つの人が、その時間、混んでいたら

 

どうしようもないと思いませんか?

 

少なくとも、一年くらい前まで続いていた、

 

「いつも、すぐに満席現象」はなくなったのですから、

 

よくなったと思っていただきたいです。

 

そうするために、どれだけ工夫をしていることか。

 

嫌われる店主も楽ではありませんよ。

 

 

 

全ての方に返信をさせていただきました。

 

ご確認くださいませ。

 

 

 

 

お店のこと - -
お菓子教室受付

 

お待たせ致しました。

 

昨夜から全ての方に返信させていただいました。

 

ご確認、ご返信くださいませ。

 

届かないという方はお手数ですがご連絡くださいませ。

 

二日間、参加される方で、

 

1日分でトータル3回になる方がいましたら、

 

片方の参加費は9000円としてください。

 

 

 

 

4/5 残り2名

 

4/6 満席

 

4/7 満席

 

4/8 満席

 

 

 

6日は、内容を変更していますので、

 

詳細は別記事をご覧ください。

 

ちなみに、お菓子教室1のパウンドケーキは、

 

今回は、全て、パウンドケーキ型で大きく焼きます。

 

昨年は、小さな型で1種類でした。

 

今回は、パウンドケーキを3種類です。

 

お菓子教室2のジェノワーズは、

 

ロールケーキ用のジェノワーズになりますので、

 

ショートケーキをつくるのとは、別になります。

 

ショートケーキの場合は説明はします。

 

この調子では、サブレは、もう今後できないかもですね。

 

これをやらないで、お菓子をどう理解していくつもりなのか

 

という大事な内容なのに。最低でも5月はやらないです。

 

 

6日は、定員を10名さまに変更させていただきます。

 

全て、キャンセル待ちは可能です。

 

 

 

お菓子教室 - -
31日のご予約受付

 

31日の完全予約制カフェ。

 

27日の22:00から受付とさせていただきます。

 

ご検討くださいませ。

 

 

 

お店のこと - -
4月のお菓子教室

 

今月から少し内容を変更致します。

 

欲張って、大きく分けて2種類のジャンルを

 

一つの授業としてやっていましたが、

 

時間的な無理があることと、情報が多すぎて

 

ついてこれていない方が出てしまっていることを理由に、

 

ジャンルを一つに絞りたいと思います。

 

その分、そのジャンルについては濃い内容となります。

 

 

 

 

 

 

 

私のお菓子教室の考え方は、

 

お菓子の種類からお菓子づくりを捉えるのではなく、

 

製法から分類すべきだという考えです。

 

わかりやすいようにジャンル別でやりますが、

 

あくまで、製法ありきで、

 

素材と素材の関係性を深く理解するために徹底的に、

 

その内部で何が起きているのか?を解説します。

 

わからないことがひとつもありませんので、

 

どんな質問でもしてください。

 

初めての方は、過去のお菓子教室のブログ記事も

 

ご覧くださいませ。

 

ブログ内のカテゴリーで「お菓子教室」を

 

見ていただければよいかと思います。

 

 

 

 

 

4月5日(金)

 

<お菓子教室 3>

 

乾くように焼いたことでおいしさが生まれるお菓子。

 

砂のように崩れる食感(サブレの意)が命。

 

 

「サブレ」

 

3種類の製法で4種類のサブレと

 

ショートブレッド。

 

(今後、いつの日かタルトの講義に参加されたい方は、

 

こちらを必ず受講してください。)

 

 

 

 

 

4月6日(土)

 

<お菓子教室 2>

 

泡立てることで膨らむ生地

 

「ジェノワーズ」(共立て)

 

ロールケーキを予定しています。

 

「スフレ」(別立て)

 

苺サンドをつくります。

(苺が終わるので今回が最後になります。)

 

「ビスキュイ」(別立て)

 

ロールケーキを予定しています。

 

 

 

 

 

 

4月7日(日)- 8日(月)

 

<お菓子教室 1>

 

再び、昨年の初回にやったお菓子教室1ですが、

 

内容が異なります。ご了承ください。

 

 

バターから始まるしっとりしたお菓子。

 

「パウンドケーキ(ケーク)」

 

3種類の製法によるパウンドケーキ

(1種類は時間の都合上、解説、試食のみ)

 

 

卵(卵白)から始まるお菓子。

 

「フィナンシェ」2種

 

アーモンド風味の濃密なお菓子

 

 

 

 

 

参加資格:

 

経験は一切不要です。

 

余計な体験がある方が邪魔なくらいです。

 

ご自宅でお菓子づくりをされる方、したい方、

 

見たい、食べたいでもかまいません。

 

お仕事でお菓子づくりに関わるプロの方、

 

すでにお店をやっている方でもかまいません。

 

とくに決まりまありませんが、18歳未満の方はお伝えください。

 

お一人で参加できる方のみとさせていただきます。

 

 

 

 

 

時間:11:30 - 15:00

(15:30まで延長の可能性あり)

 

定員:最大12名

(少なすぎる場合は中止となる可能性がございます)

 

参加費:

 

会員の方 10.000円

 

会員以外の方 13.000円

 

ともに税込価格となります。

 

3回ご参加いただきますと

 

4回目から9000円となります。

 

ゆうちょ銀行への前払い制となります。

 

理由は問わず返金不可とさせていただきます。

 

 

会員(サンス会員)とは、

 

2017年〜2019年(現在)に予約制カフェのご利用がある方となります。

 

フリーの日のオープン時のご予約でもかまいません。

 

このような方法を取るのは、私の表現を体験していないのに

 

習いたいと言われてもどうも腑に落ちないからです。

 

歓迎していないというわけではありませんが、

 

得られるものに差があると思うから心配なだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

受付:3月24日(日)22:00〜

 

 

受付は、基本、1分単位での先着順とさせていただきます。

 

記入事項の不備は無効となりますのでご注意ください。

 

 

 

<お申し込み方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「お菓子教室」としてください。

 

記入事項を以下の番号順にご記入ください。

 

 

 

 

1.お名前(漢字、フルネーム)

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.ご希望の日にち

(複数ある方は優先順位をご記入ください。)

 

5.お菓子づくりのこと、参加希望理由、

 

何かしらご自身の言葉でご記入ください。

 

3回参加された方はご記入ください。

(申告があった場合、私の方でも確認させていただきます。)

 

どうしても珈琲が飲めない方はご記入ください。

 

カフェご予約履歴のない方はそのようにご記入ください。

 

お仕事に関わる方は、店名や活動名をお伝えいただける方に限り、

 

領収書を発行致しますのでご記入ください。

 

 

 

 

内容は、

 

製菓専門学校の授業、プロ向け講習会に負けない。

 

なぜなら、制約がある人たちにはできない授業だから。

 

学生や開業予定者など、

 

本気の方は今後の人生が変わると思います。

 

ご検討くださいませ。

 

お申し込みお待ちしております。

 

以下のアドレスをクリックしてご使用ください。

 

workshop.sensetsens@gmail.com

 

 

 

 

 

 

お菓子教室 - -
写真撮影について

 

カフェでの写真撮影は、

 

ホームページに記載の通りです。

 

ひとつにつき2枚までOK。

 

「速やかに」が条件です。

 

テーブルに運ばれたら、すぐに撮影してください。

 

時間をおいてから撮影は不可です。

 

以前にも言いましたが、

 

私が近くにいるうちは撮り始めないで、

 

時間稼ぎをしている人を見かけます。

 

すぐに撮らない場合は、その人だけ撮影不可にします。

 

あと、意味不明に、こそこそ、

 

みつからないように撮影しようとしている人は、

 

一体、何をしているのでしょうか。

 

完全にみつかってますよ。

 

撮っていいと言っているのですから、

 

堂々と撮影してください。

 

2枚を少ないと思う人がいるようですが、

 

2枚撮って上手く撮れない人は3枚撮っても変わらないと思います。

 

見ている限り、手ぶれ補正付いていないカメラの人は、ごく稀です。

 

椅子に座って手ぶれ補正付きで手ブレしている人は、

 

もはや、手ブレではなく、

 

動きながら撮っています!笑

 

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

 

明日は、

(明日、来てくださる方にしか関係ないですが)

 

新しいミニ食パンを焼きます。

 

ミルクとバターを使った、

 

ほの甘くて、

 

トーストするとおいしいやつ。

 

 

 

それはそうと

 

まだ、仕込みは終わらない。

 

私の人生は、

 

仕込みと片付けとメールの返信で

 

埋め尽くされている。

 

さようなら。

 

また、明日。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
4月のお菓子教室

 

今月から少し内容を変更致します。

 

欲張って、大きく分けて2種類のジャンルを

 

一つの講義としてやっていましたが、

 

時間的な無理があることと、情報が多すぎて

 

ついてこれていない方が出てしまっていることを理由に、

 

ジャンルを一つに絞りたいと思います。

 

その分、そのジャンルについては濃い内容となります。

 

定員について。

 

お断りしたくないということで、12名様でやっていますが、

 

今後、より良い講義にするため、内容によっては定員を10名様と致します。

 

 

 

4/5 - 7

 

3日間で3種類の講義となる予定です。

 

受付は、23日夜からとなります。

 

詳細は後ほど。

 

4月は、今回、3日間となりますので、

 

4月下旬にもできたらやりたいと思います。

 

まだ、わかりません。

 

 

 

 

お菓子教室 - -
今日のひとこと

 

今日の

 

苺あんバタートーストは不人気でした。

 

マフィンもケーキよりは不人気でした。

 

苺サンドも、いつもよりは不人気でした。

 

タルト・シトロンは、苺サンドよりは不人気でした。

 

チーズのテリーヌも、苺サンドよりは不人気でした。

 

苺ミルクは、お菓子よりは不人気でした。

 

もちろん、

 

店主は不人気。

 

人気のないカフェの人気のない店主、

 

任期満了。

 

 

 

 

 

今日のひとこと - -
3/21

 

 

3/21

 

11:00 - 20:00(18:30ご入店まで)

 

 

ご予約なしのフリーのカフェとなります。

 

ひとりを愉しむカフェです。

 

お一人さまのご利用でお願い致します。

 

ひとりでやっております。

 

満席からのスタートは、実質不可能です。

(以前は無理矢理やっていましたが、3時間くらいかかります。)

 

8席ございますが、最大6名さまでスタートさせていただきます。

 

万一、6名さま以上の場合、

 

お待ちいただくかどうかはお客様の自由です。

 

オープンから、しばらくどなたもいらっしゃらなければ

 

閉店しているかもしれませんが、

 

できるだけ、がんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、苺が多いです。

 

「苺あんバタートースト」

 

イングリッシュ・マフィンでつくります。

(コーングリッツはつけません。)

 

今、北海道産の大粒大納言で粒あんをつくっています。

 

欧州の苺「センガセンガナ」でつくる

 

甘くないコンフィチュール。

 

私は、煮詰めた粒餡とフレッシュな苺が合うとは思えません。

 

餡を弱めるか苺を強める必要がある。

 

そこに生の苺をのせる分には問題ない。

 

生クリームも少し添えます。

 

それでも、ぴったりとは思えないのですが、

 

私なりに苺とあんを仲良くさせてみようと思います。

 

写真は試食程度につくったものですので、

 

まだ、構成は確定していません。

 

今後、できるか、やるかわかりません。

 

こちらの勝手ですが、

 

オープン時にご来店いただける方はご注文いただきたいです。

 

ひとりでやっています。

 

パン、お菓子、珈琲を最適に扱おうとしますと流れが欲しいのです。

 

最初からバラバラのオーダーでは、

 

とてもお待たせしてしまうためご理解くださいませ。

(それでも、お待たせしてしまいます。)

 

パンはいらない方は、オープン後にご来店くださいませ。

 

 

 

ケーキは、4種類の予定。

 

テイクアウト用焼き菓子は、

 

「ケーク・オランジュ」

 

中くらいのパウンドケーキ型で焼いています。

 

「抹茶サブレ」

 

2枚入り。

 

「有機キウイと有機バナナのマフィン」

 

カフェでもお召し上がりいただけます。

 

オープン時に食べたら、とてつもなくおいしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「苺ミルク」

 

北海道産特選牛乳と苺でつくります。

 

少し甘みをつけています。

 

苺ミルクなんかより、珈琲を飲んでください。笑

 

 

 

 

 

 

11:01から、1ドリンク制とさせていただきます。

 

もちろん、時間制限もございません。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

お店のこと - -
<< | 2/119 | >>