痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
「スモークサーモン」

 

お知らせです。

 

サンドに使用している「スモークサーモン」が変わりました。

 

日頃、食材や調理、製法などは、常に追求していますので、

 

そういう意味では、変更は、常にしているので、

 

いつから変わったかというお知らせはしていませんが、

 

今回は、明らかな素材の変更のためお伝え致しました。

 

すでに、先日、数食分は変わっています。

 

昨年から半年くらいかけて、ようやく仕入れるところまできました。

 

今までのものは、外国産で、

 

私のサンドには脂はあまり必要ないと判断していましたので、

 

その中で総合的な判断で使用してきたものですが、

 

北海道産のスモークサーモンでよいものを見つけられました。

 

国産で適切なものがあれば、日本にとってもそれが一番いいですし、

 

味も良く、気に入りました。

 

その分、コストが、かなり上がりましたが、

 

使いたいものを気持ちよく使える方を選択しました。

 

自国の貴重な存在の素材、

 

皆さんも、よく感じながらお召し上がりくださいませ。

 

 

 

フード - -
営業について

 

昨日、2日の土曜日を営業予定と記載しましたが、

 

都合により、3日の日曜日とさせていただきます。

 

今月、前半に少しお話しましたが、

 

長期的な疲労が抜けておらず、

 

昨日よりも今日、体調が良くないため、このような判断となりました。

 

申し訳ございません。

 

3日と5日は、「塩バタートースト」もお出しします。

 

9日(土)の予約受付は3日の夜となります。

 

 

 

お店のこと - -
新入荷

 

 

 

「福山修一さんのお箸」

 

当店で使用しているお箸。

 

以前から、販売もさせていただいておりますが、

 

新たに、21cmと(写真にはありません)

 

一番短かった19.5cmより短い18cmを入荷致しました。

 

全5サイズになりました。

 

お子様や短い方が使いやすい調理作業等に。

 

写真の一番下が、カフェで5年使用したものです。

 

上から2番目と同じ22.5cmです。

 

私は、23.5cmを使用しています。

 

下から2番目が18cmの届いたばかりのものです。

 

空気に触れていくとその上のような茶色になり、

 

度々、使用して水に濡らしていくと色が濃くなります。

 

ぜひ、お手に取ってお試しください。

 

 

 

作家と雑貨 - -
今日のひとこと

 

みなさん、お察しの通り、

 

「季節のお菓子とお話しの会 春」はございません。

 

夏、秋、冬、ときたら「春」もあると思ったと思いますが、

 

そう簡単にはいきません。

 

いろいろ思うことがありまして、

 

やりたい気分ではないという以外にありません。

 

万一、再開するとしても、タイトルは、

 

「季節のお菓子と珈琲の会」に戻します。

 

「お話」という意味がわからない方がいるようですし、

 

前回、「ミルクティー」もおつくりできませんでしたしね。

 

そして、この会だけ参加していただいても意味がないと思っていますので、

 

日頃、カフェ営業にお越しいただいている方のみとさせていただきます。

 

開催日も、もっと減らします。

 

私は、女心並みに変わりやすい気分であるため、お許しください。

 

冬のあの発酵菓子も、今年はモチベーションがありません。

 

きっと、5個か6個で足りると思います。

 

そう信じています。

 

 

 

 

「パンの神が降りる時」

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

過去一番、いろいろな面でよかったと思っています。

 

が、量が多かったという意見が多いようです。

 

私、食べていないのでわかりません。笑

 

全員、食欲も体調も気分も違うのに、

 

全員が満足な量などあり得ませんので、ご理解ください。

 

少ないとだけは言われたくないのです。

 

今、私の中では、もうやらないくていいのかなと思っています。

 

人数は集まりましたが、

 

今回が最終回であったかもしれません。

 

 

 

 

 

少し寝ます。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
28日の予約受付

 

まだ、空いていますが、受付終了といたします。

 

極端に空いていますが、せっかく、お申し込みいただきましたので、

 

無理矢理、営業させていただきます。

 

続くようであれば、予約制をやめます。

 

やめないとお店をやめることになりますから。

 

お申し込みいただきました皆様はご希望の時間で受付できております。

 

すべての方に返信させていただきました。

 

ご確認、ご返信をお願い致します。

 

 

 

お店のこと - -
明日のこと

 

今日は、いつもよりは、早めにスイーツが決まりました。

 

ご予約の方しか関係のない情報になってしまいますが、

 

 

明日のスイーツは、

 

 

「木苺とピスタチオのパンナコッタ」

 

超高原価です。

 

ほとんど、ボランティアみたいなスイーツ。

 

シチリア産ピスタチオのパンナコッタに、

 

フランボワーズと濃厚なフランボワーズソース。

 

 

「ケーク・オ・シトロン」

 

昨年から始めましたが、今年は大きく焼いてカットしています。

 

より良くなったと思っています。

 

広島産無農薬レモンの香り。

 

 

「チェリーのタルト」

 

グリオット種チェリーとサワーチェリー、

 

2種類のチェリーでつくります。

 

サクサクのパート・シュクレ、アーモンドクリームとともに。

 

 

「わらび餅」

 

本わらび粉100%使用。

 

練り立ての温かいわらび餅です。

 

きな粉、焦がしきな粉をお選びいただけます。

 

 

 

 

お店のこと - -
26日の受付

 

お申し込みいただきました皆様、ありがとうございます。

 

受付は終了致しました。

 

すべての方に返信させていただきました。

 

受付完了メールの方は、ご確認ご返信くださいませ。

 

 

 

 

 

お店のこと - -
28日の予約受付

28日の予約受付は、

24日の22時からとさせていただきます。


お店のこと - -
今日のひとこと

 

「ここで」を否定するのであれば、

 

それはもう、

 

そのお店のアイデンティティを否定したのと同じ。

 

そこに立つ店主のアイデンティティも。

 

すべてのコトやモノの裏には人がいる。

 

表面化したものだけしか観えないのでは、

 

自分も、そう扱われるということ。

 

自己と他者は一体である。

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

最近、

 

「食べることそのものにしか興味のない方」は、

 

非歓迎だと言っています。

 

意味がわからない方は、ご自身の感受性について、

 

もう一度、考え直したほうがよいと思います。

 

簡単に言えば、

 

デパ地下に行けば、私のつくった食べ物が買えるのなら、私はそれでいいわ、

 

と思う方は不向きだと言っているのです。

 

カフェは「時を売る仕事」。

 

つまり、場を提供する役割です。

 

カフェは料理ジャンルではないですよね?

 

ほぼ、コーヒーしかないようなカフェもありますし、

 

和食の定食を出すカフェもある。

 

洒落た空間のレストランではないのです。

 

内容より、過ごすことに重きをおいているお店のことです。

 

そうできていないお店もあるとは思いますが、

 

それでは売上がなくて続けていけないから

 

食べ物のメニューに力を入れるお店が増えただけです。

 

ここで食べる、ここで飲むがしたい方は歓迎です。

 

「ここで」が重要です。

 

ここではなくてもいいのであれば食べたいだけ。

 

だから、私は、テイクアウトだけをしようとする人を歓迎しない。

 

当然です。

 

カフェですから。

 

また、写真撮影可ですが、

 

撮影は速やかに、被写体も撮影者もそのままで、というルールにしています。

 

席を立って撮影した場合、お帰りいただきます。

 

当店、他店様関係なく、

 

ルールがないならやってもいいだろうと思う人は異常者です。

 

自由にしたければご自宅でどうぞ。

 

写真撮影不可とした場合、

 

「それなら、もう行かない」と思う方は、

 

食べる飲むよりも撮影が大事なわけですから、当店のコンセプトに合いません。

 

ご自宅でご自身でつくって撮影してください。

 

カメラ教室やってるくらいですから、

 

写真を撮る人が嫌いなわけがありません。マナーの問題です。

 

カフェご利用は、非歓迎です。

 

純粋に

 

「sens et sens」で食べたい、飲みたい方、

 

その時間を愉しみたい方、お待ちしております。

 

 

 

今日のひとこと - -
<< | 2/97 | >>