痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
お知らせ

 

受付があるものと

 

ざっくりな3月の流れについて。

 

 

 

 

 

3月のお菓子教室

 

3/19 - 3/23

 

 

「ヴィクトリアケーキ」

 

バターケーキにバタークリームをサンドした

 

イギリスのお菓子になります。

 

生地づくりを2種類にするか検討中で、

 

バタークリームをつくらずに生クリームで

 

代用するのもやります。

 

あるいは、バタークリームの味を2種にするなど。

 

 

受付は、

 

2月26日(水)22:00〜

 

詳細は、また、別で記載します。

 

 

 

 

 

もしかしたら、

 

27日、カフェをできるかもしれません。

 

その後、28日、29日、3月1日はおやすみとなります。

 

3月上旬は、カフェの予定。

 

その後、セッション。

 

お菓子教室と続く予定です。

 

後半は、カフェの予定です。

 

先日、お休み宣言しました予約制カフェは1日もございません。

 

セッションは、土日希望が多いようですので、

 

時期に関わらず、週末のみセッションということも考えられます。

 

 

カフェは、昨年、後半に

 

「もう、フリーは週末にやらない」

 

と言いましたのでやりません。

 

メニューに関わらず

 

土日にやる場合は予約制とさせていただきます。

 

 

 

 

 

それぞれ、細かい日にちについては、

 

現在、検討中のため、また、近くお知らせ致します。

 

 

 

 

 

お知らせ - -
お知らせ

 

今日か明日には、

 

3月のセッションやカフェのこと、

 

3月のお菓子教室の受付について告知したいと思います。

 

今日は、10時から20時半まではセッション。

 

がんばります。

 

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

つまり

私は、私がない

私がない、

でいられるということが

私がある、ということ




今日のひとこと - -
今日のひとこと 更新

 

今だけは

 

押して欲しかったのです

 

背中を

 

弱いから

 

今だけは

 

 

 

熱は感じられなかった

 

熱がないのか

 

感じられなかったのかもわからない

 

感じなかったことだけは確か

 

 

 

この世の人間には理解できないでしょうが

 

本当に他者(自然、モノ、人)のためにしかできない人

 

他者に対する理由がなければ何もできない人

 

これは良い悪いではなく

 

私には私がないように感じる

 

自分のやりたいことをやる

 

が、私にはできないのです

 

できないのではなく

 

ないのです

 

自分がやりたいこと

 

 

自分が辛い状況から脱するために

 

やらされていたことか

 

他者のためか、しかない

 

ただ、好きだからやる

 

ができない

 

できないというより私には存在しない

 

 

 

ずっと、私がやるべきこと

 

お伝えできる事は何かを考えてやってきました

 

先日までの予約制カフェは

 

完璧に近いと私は思っています

 

でも、毎回、

 

パン、料理、ケーキ、テイクアウトのお菓子

 

違うことを全部やる力が

 

前日からやって、当日も17時間はやらないとできない

 

その力が、今はないなと

 

大きなものを失ったから

 

今は押して欲しかった

 

これは私のわがままです

 

 

 

今後は何もわかりません

 

変化の連続だと思われます

 

今、決めているのは

 

先日までの12席あるのに4人しか入れないという

 

サンスのノーマルであったアブノーマルな予約制カフェは

 

スペシャルな日となり

 

また、いつかできたらいいなと思う

 

そういう気持ちになれたらいいなと思う

 

昨年まで以上に不定期となると

 

材料のロスも作業時間のロスも激しくて、

 

どうにもならないのです

 

これをノーマルとすれば破綻するからやめる

 

そういうことでもあります

 

 

 

今後のことは、使わせてもらう食材や珈琲豆、

 

機材、自分の身体と相談しながらということになります

 

何も予定はできません

 

今、できることをやるだけです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/20

 

12:00 - 19:00(18:15ご入店まで)

 

 

2/21

 

12:00 - 20:30(19:00ご入店まで)

 

 

 

 

ひとりを愉しむカフェをやらせていただきます。

 

ご予約なしのフリーのカフェとなります。

 

ホームページを読んで、当店の考えを理解し、

 

それを愉しむ気持ちのある方のみご利用いただけます。

 

そういう気持ちになれない方は勝手に

 

押し付けとしか受け取らないですからご遠慮ください。

 

意識として、ひとりを愉しむ時間です。

 

複数で来られて、別々に座るというのはできません。

 

オープン時のみ、フードとドリンクを必ずご注文くださいませ。

 

その後は、ドリンクのみでもご利用いただけます。

 

 

 

細かくメニューを告知する気はありません。

 

珈琲は、先日から継続してのkusa.さんの冬の深煎りブレンド、

 

浅煎りのブレンドに加え、グアテマラのみとなります。

 

深煎りブレンドは、軽めに淹れたものと

 

しっかり淹れたものをお選びいただけます。

 

アイスコーヒーはお休み。

 

ブラックのドリップ珈琲以外は、今までと変わりません。

 

ブレンドは今だけだと思いますが、

 

カフェが不定期のため、以前のように多品種はできません。

 

このスタイルであんなにある方が異常なのです。

 

カフェインレスは今はないのでご了承ください。

 

 

「抹茶オレ」をフリーの日限定でやります。

 

これは時間かかります。

 

 

 

 

 

あの子に教えてもらってからつくり始めた

 

「苺のイートン・メス」

 

とちおとめ、焼きメレンゲ、生クリーム、

 

センガセンガナ種の苺入り苺ソース

 

全体を軽く混ぜながら食べるパフェのような

 

 

すごく久しぶりの

 

「スコーン」

 

木苺ジャム付き

 

 

「抹茶のシフォン 生クリームサンド」

 

 

マフィンは、甘酸っぱいのを2種

 

「木苺と有機バナナ」

 

「グリオットチェリーとブルーベリー」

 

 

 

「タルト・ショコラ」「ファー・ブルトン」は、

 

明日以降、カフェがありませんので、

 

都合上、極端に少量です。

 

イートンメスはたくさんございます。

 

珈琲の深煎りブレンドは一杯分しかないため、

 

その後は、深煎りはグアテマラのみとなります。

 

そちらも、軽めに淹れたものをお選びいただけます。

 

中深煎りくらいが良い方は、そちらをどうぞ。

 

 

 

お待ちしております。

 

 

 

今日のひとこと - -
カフェ営業日程

 

 

 

 

 

当店は、最大8名様のみお入りいただける

 

ひとりを愉しむ小さなカフェです。

 

現在、カフェは、完全予約制とフリーの日に分かれています。

 

完全予約制の日は、「お食事+スイーツ」、

 

フリーの日は、お菓子のみとなります。

(軽食やトーストがある場合はございます。)

 

お一人でのご利用をお願いしています。

 

(お知り合い同士で別々にお座りになるというのは不可です。

 

通常営業での2名様のご利用は2019年11月で終了致しました。)

 

ご予約は、必ず、この記事とは別で詳細の記事がございますので

 

そちらをご覧くださいませ。

 

 

全て、ひとりでやっています。

 

一つ一つ、気力を注いでおつくり致します。

 

お時間かかりますことご理解いただける

 

心と時間にゆとりのある方のみお願い致します。

 

ホームページを心で読んで、

 

当店の考えをご理解いただける方のみご利用いただけます。

 

一般的な飲食店ではありません。

 

ここは、

 

皆さんが自分を感じるための場所であり、

 

本来の自分を取り戻す場所。

 

空間、時間、食によるアートの世界。

 

初めての方は、美術館に行くようなものだと

 

思っていただいてよいかと思います。

 

「何かを感じている自分を感じる場所」です。

 

私は、あなたが感じていることを邪魔したくありません。

 

干渉したくありませんので、

 

一般的な飲食店のような接客というものを致しません。

 

過去の経験や他店と比較するのではなく

 

そこにある価値観を愉しめる人が一番幸せになれます。

 

どこのお店に行っても同じです。

 

そのお店の世界観を尊重してください。

 

以下の営業日以外は休業となります。

 

営業日の前日は、必ず、仕込みのため休業となります。

 

 

 

noteでお菓子づくりや心のことを書いています。

 

個人の活動として個人セッションを始めました。

 

心と身体のご相談を承ります。

 

 

 

 

 

 

 

<1月>

 

1日 - 4日 休業

 

5日 - 8日 個人セッション 満席

 

11日 - 13日 個人セッション 満席

 

16日 - 19日 個人セッション 満席

 

24日 - 29日 個人セッション 満席

 

 

 

<2月>

 

1日 - 3日 「お菓子教室」満席

 

9日(日)カフェ営業(予約制)

 

11日(火)カフェ営業(予約制)

 

13日(木)カフェ営業(予約制)

 

16日(日)カフェ営業(予約制)受付終了

 

予約制カフェの詳細

 

 

 

20日(木)カフェ営業(フリー)

 

21日(金)カフェ営業(フリー)

 

22日(土) - 26日(水)

 

個人セッション 満席

 

 

 

 

<3月>

 

19日(木) - 23日(月) お菓子教室

 

「ヴィクトリアケーキ」

 

 

 

 

日程は都合により変更となる場合もございます。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

お店のこと - -
2月のセッションの日

 

満席となりました。

 

すべての方に返信させていただきました。

 

ご確認くださいませ。

 

曜日や時間に偏りがあり、

 

10名さまほど、お入りいただけませんでした。

 

また、開催致しますのでご検討ください。

 

 

 

 

 

2月のセッションの日の日程は、

 

22日(土) - 26日(水)

 

 

 

<注意事項>

 

23日のみ14:00終了となります。

 

セッション1.2が多い場合、セッション3は

 

受付できる人数が少なくなります。

 

今後、なくなるかもしれません。

 

すでに、セッション3を受けてくださった方は、

 

セッション2の2回目としても受付可能です。

 

セッション1は、時間が足りず、

 

お話しかできないことが増えています。

 

そのため、今回から150分とさせていただきます。

 

2回目以降の方は、60分、120分からお選びいただけます。

 

 

 

受付は、

 

9日(日)AM8:00〜

 

個人セッション

 

上記の詳細記事は、

 

あえて、最初に書いたままにしています。

 

まとまりがなく、申し訳ございません。

 

時期を見て、整理致します。

 

 

 

 

私のセッションは、

 

あなたが、どれほど絶望の中にいても

 

希望の光を見出します。

 

身体のこと。

 

あなたの身体が感じる、本来の喜びを呼び戻します。

 

治らないとされる難病でも諦めません。

 

心のこと。

 

あなたができることしか言いません。

 

筋の通ったことしか言いません。

 

選択肢を明確にし、選択する方法をお伝えします。

 

背中を押すことはあっても

 

答えを押し付けることはありません。

 

セッションしている時

 

私は、あなたの最大の理解者になります。

 

結果、あなたが何を選択しようと

 

私は、あなたが選んだ道を応援します。

 

 

 

 

 

セッション - -
今日のひとこと

 

この前、今年最初のカフェだから、

 

7周年後だからなんて話をしましたが、

 

通常より量を増やすというサービスなんて、

 

数えきれないほどしてきています。

 

言わないだけです。

 

それが、先日、初めて言っただけです。

 

何のケーキをつくるか、いつも、迷います。

 

私は自分が好きなものをつくるという人ではないから。

 

そのため、その日のご予約の方を見て、

 

「〇〇さん、〇〇が好きって言っていたからそれにしよう。」

 

「〇〇さん、私がつくった

 

〇〇を食べてみたいと言っていたからそれにしよう。」

 

なんてのは、よくあることです。

 

「〇〇さんは、先日、あれをお召し上がりいただいたから

 

今日は違うのにしよう、とか、選べるようにしよう。」

 

というのは、いつも、記憶して調整しています。

 

すべて、私には同じようなこと。

 

ということを話すのも特に意味はない。

 

この前、話したからなんとなく、です。

 

 

 

 

人のためにしか動けない人だから自然とそうなる。

 

これは、一般的な人間の主体性のなさ、自発性のなさ、

 

利他的ということとは違って、私のお役目としては当然。

 

私が理解されないのも当然です。

 

人は、基本、自分が持てる感覚でしか理解できないから。

 

私の感覚はわからないはずです。

 

私は皆さんの感覚がわかります。

 

自分が体験したことのない感覚もわかる。

 

だから、セッションしているのです。

 

経験を基準にしたら、自分基準の物言いにしかならないから

 

押し付けになるだけ。それが、いわゆる、

 

年上の人の説教臭い語りね。

 

カウンセラーは、個人のセンスもあるでしょうが、学問。

 

学問では膨大な時間がかかるし、

 

そこにいない人のことはわからないでしょう。

 

私は本を読めないから知識ではやりません。

 

(昔よりは少しだけ読めるようになりましたが、

 

小説は一冊も読み終えたことがありません。

 

もう20数年、一行も読んでないです。)

 

でも、今、勉強したいです。

 

あら、珍しいこと。

 

もっと、セッション力を高めたい。

 

どんな難病の症状も取り去りたい。

 

ガンもアトピーも取り去りたい。

 

現在も、そういうものに立ち向かっていますが、

 

少し手応えはあるし、よい結果も出ています。

 

聞いたこともない難病も症状が緩和された。

 

アトピーも、セッションした日は、

 

痒みなく過ごせたと聞いている。

 

無力さは感じない。

 

できるに違いない。

 

 

 

心と身体は一体です。

 

セッション1を受けた人がお話だけで

 

体調が良くなっています。

 

セッション2を受けた人がお身体を観させていただいて

 

心も軽くなっています。積極性が出たり、

 

明るくなったと人に言われるとも聞きます。

 

カフェ再開して、セッションにきてくれた人に会うと

 

すぐにわかります。

 

オーラ綺麗。

 

 

 

この前、カフェに来たら

 

「ものもらい、治った」という人もいたらしい。

 

と、話をそらしにそらしまくったところで

 

もう、朝ですね。

 

昨日も、1時間しか横になってないから寝ます。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

しばらくの間

現在の予約制カフェを

やめることにした

その時がきたら

またやるかもしれない

今まで

ありがとうございました




今日のひとこと - -
最期

 

残念ながら、小麦粉をお願いしていた農家の方も

 

ご高齢ということもあり、体調不良、石臼の不具合等の理由により、

 

小麦粉生産は、無期限停止となりました。

 

私の16年間のパンづくりの中心となっていた粉がなくなりました。

 

これで、日々、マイナーチェンジを繰り返し、

 

磨きに磨いてきたいくつかのパンは消滅しました。

 

9日のイタリア産モッツァレラチーズをのせて焼いただけで、

 

オリーブオイルをかけて、黒胡椒を挽いただけの

 

カンパーニュのタルティーヌが最後となりました。

 

パンが良ければ、この程度が一番いいと思っているので、

 

いつも、シンプルな仕立て方しかしないのです。

 

9日のカフェは、

 

2020年1月下旬で7周年となりました当店の

 

2020年最初のカフェでした。

 

私の個人的な活動である個人セッションを始めたことで

 

このような流れになっている現在ですが、

 

カフェ、お菓子教室、様々なワークショップ、トークだの、

 

今度はセッション。

 

いつも、唐突なように見えるかもしれませんが、

 

すべて、同じ方向へ向かっていることであり、

 

すべては手段にすぎません。

 

しかし、カフェに興味がある(食べることに興味がある)

 

みなさんにとっては、それはどうでもいいことだと思います。

 

このような全体を通して一つの活動をしている私の

 

利用しにくいカフェを、それでも待って、

 

本年度初日にご利用いただきありがとうございます。

 

ということで、最後の日を迎えた可能性が極めて高い日となりました。

 

私は少しも驚きません。

 

パン屋時代から、危機はありましたし、何度も言ってきました。

 

「いつなくなるかわからないから(材料も人間も)、

 

目の前のパンを大切にしてください」と。

 

 

その粉を使っていたパンは、

 

しばらくは、別のものへ調整しながら移行していきます。

 

そのため、日々、味が変化することになりますし、

 

まだ名前のないパンが登場したりすることなります。

 

少し試作をして、理想に着地できるほど甘い世界ではありません。

 

お菓子はできるけれど、パンはできません。

 

四季と共に、日々の中で磨くことしかできないのです。

 

その変化自体を愉しんでいただけると幸いです。

 

 

ちなみに、今日のクライフティ・ショコラ。

 

少し大きいことに気づいた方がいましたでしょうか。

 

どうせ、空いていましたからケーキが余るので、

 

あれも、今年初日、7周年後の初日ということで、ささやかなサービスです。

 

パンは、やや多すぎたようですが。

 

 

余談ですが、

 

パンと料理の時は、パンは多かったら残してください。

 

パンを残されても私はなんとも思わないです。

 

料理は残されると落ち込みます。

 

パンは、「いや、ほんとに死ぬよ」っていう

 

ブレーキのないレーシングカーのように命をかけて磨いてきましたから、

 

行ききってしまっているからこそ、なんとも思わないのだと思います。

 

他者との比較にも興味がないし、

 

完全に神化しているというか、別次元のもの。

 

私の分身のようなエネルギーに満ちた、

 

この世においてはパンという名の

 

「私のパン」という魂の宿るものに

 

「良いも悪いもあるの?」ということ。

 

だから、味について比較したり語る人が苦手です。

 

人と比べて競争しているうちは、仮に負ける気がしなくても

 

それほど確信も自信もないのだと思います。

 

文句言えるなら言ってみろ、とすら思わないほど

 

文句言えるなら言ってみろ、までやり切った時に産まれる何かがある。

 

と、話がそれまくったところで、

 

さようなら。

 

よければ、カフェに感じに来てください。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
ブラウニー

 

note、書きました。

 

「ブラウニーとその応用」

 

10000字以上。

 

 

 

「ブラウニー」

 

「小さなチョコレート菓子」

 

「濃厚なガトー・ショコラ」

 

3種類になります。

 

 

 

バレンタインにも間に合いますし、

 

カフェに持ってきてくれても大丈夫です。

 

 

 

 

note - -
| 1/143 | >>