痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
「カメラ教室」

 

 

 

 

 

「カメラ教室」

 

いろいろとワークショップを開催してきましたが、

 

過去、一番、参加者様が楽しそうなワークです。

 

カメラと表現の思考を理解することで、

 

どんなカメラで撮る場合でも

 

自分の感性を活かした撮影ができるように

 

「写真を撮る」ということがわかるようになります。

コンパクトデジカメやミラーレス、一眼レフなど

 

お持ちのカメラもご持参いただき、

 

私の一眼レフと両方で撮ったりしながら、

どのような写真を撮りたいときに

どのように操作すればよいのかお伝えします。

(現在、カメラを持っていない方でも構いません。)

 

いつも、オートで撮っている方でもマニュアルで撮れるように説明します。

 

レンズは、単焦点レンズ、ズーム、それぞれの特徴や使い方、

 

いつ、どれを選べば良いのかなどがわかります。

機能は備えているのに知らないから

使えていないものがたくさんあると思います。

 

そして、撮るには、意識の順序があります。

 

それができていないと、慣れで撮ることしかできないため、

 

思うように撮れるようにはならないと思います。

 

わかっていても、思うようにならないことも多いですが、

 

わからないでは、ずっと、辿り着かないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、食べ物を撮ると限定しているのではなく、

 

ポートレート、風景など被写体は選びません。

 

私の写真は、インスタグラムで見てください。

 

仕事用や仕事の合間に撮影している程度で、ほとんど、室内ですので、

 

好きな写真を撮っているわけではありませんが参考にしてください。

 

私はどこかで習ったわけではありませんので、そういう意味で素人です。

 

素人ですが、理解はしているつもりということです。

 

あくまで、初心者向けということをご理解くださいませ。

 

教わることと、この時間を一緒に楽しんでくださる方、お待ちしております。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

日時:7月4日(水)

 

1回目 10:00 - 12:30   2回目   14:00 - 16:30

 

参加費:3500円(お菓子、ドリンク代含む)
 

定員: 各4名(ご希望が偏った場合は最大5名)

 

受付: 6月20日(水)21:00〜

 

 

 

<記入事項>

 

メールの件名は、「カメラ教室」としてください。

 

 

1.お名前

 

2.お住まい(例:つくし野)

 

3.当日も連絡の取れる連絡先

 

4.写真やカメラに関するコメント、参加の動機、

 

ワークショップの内容への希望など、ご自由にご記入ください。

 

どのようなカメラをお持ちかご記入ください。

 

 

 

 

必ず、すべての方に返信させていただきます。

 

ブログで返信完了の告知がされてもメールが来ていない場合、

 

お手数ですがご連絡くださいませ。

 

定員に達してしまいご希望に添えないこともございます。

 

1名様でも開催致します。

 

ご了承くださいませ。

 

お振込による前払いとさせていただきます。

(カフェ営業日に店頭でお支払いの場合は事前にご連絡ください)

 

キャンセルは受け付けられません。

 

少人数制での開催、準備の都合上、どのような理由でもご返金できかねます。

 

ゆうちょ銀行の口座をお伝え致しますのでご入金くださいませ。

 

以下のアドレスでお願い致します。

 

work@sensetsens.jp

 

 

 

ワークショップ - -
<< NEW | TOP | OLD>>