痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
今日のひとこと

 

この前、今年最初のカフェだから、

 

7周年後だからなんて話をしましたが、

 

通常より量を増やすというサービスなんて、

 

数えきれないほどしてきています。

 

言わないだけです。

 

それが、先日、初めて言っただけです。

 

何のケーキをつくるか、いつも、迷います。

 

私は自分が好きなものをつくるという人ではないから。

 

そのため、その日のご予約の方を見て、

 

「〇〇さん、〇〇が好きって言っていたからそれにしよう。」

 

「〇〇さん、私がつくった

 

〇〇を食べてみたいと言っていたからそれにしよう。」

 

なんてのは、よくあることです。

 

「〇〇さんは、先日、あれをお召し上がりいただいたから

 

今日は違うのにしよう、とか、選べるようにしよう。」

 

というのは、いつも、記憶して調整しています。

 

すべて、私には同じようなこと。

 

ということを話すのも特に意味はない。

 

この前、話したからなんとなく、です。

 

 

 

 

人のためにしか動けない人だから自然とそうなる。

 

これは、一般的な人間の主体性のなさ、自発性のなさ、

 

利他的ということとは違って、私のお役目としては当然。

 

私が理解されないのも当然です。

 

人は、基本、自分が持てる感覚でしか理解できないから。

 

私の感覚はわからないはずです。

 

私は皆さんの感覚がわかります。

 

自分が体験したことのない感覚もわかる。

 

だから、セッションしているのです。

 

経験を基準にしたら、自分基準の物言いにしかならないから

 

押し付けになるだけ。それが、いわゆる、

 

年上の人の説教臭い語りね。

 

カウンセラーは、個人のセンスもあるでしょうが、学問。

 

学問では膨大な時間がかかるし、

 

そこにいない人のことはわからないでしょう。

 

私は本を読めないから知識ではやりません。

 

(昔よりは少しだけ読めるようになりましたが、

 

小説は一冊も読み終えたことがありません。

 

もう20数年、一行も読んでないです。)

 

でも、今、勉強したいです。

 

あら、珍しいこと。

 

もっと、セッション力を高めたい。

 

どんな難病の症状も取り去りたい。

 

ガンもアトピーも取り去りたい。

 

現在も、そういうものに立ち向かっていますが、

 

少し手応えはあるし、よい結果も出ています。

 

聞いたこともない難病も症状が緩和された。

 

アトピーも、セッションした日は、

 

痒みなく過ごせたと聞いている。

 

無力さは感じない。

 

できるに違いない。

 

 

 

心と身体は一体です。

 

セッション1を受けた人がお話だけで

 

体調が良くなっています。

 

セッション2を受けた人がお身体を観させていただいて

 

心も軽くなっています。積極性が出たり、

 

明るくなったと人に言われるとも聞きます。

 

カフェ再開して、セッションにきてくれた人に会うと

 

すぐにわかります。

 

オーラ綺麗。

 

 

 

この前、カフェに来たら

 

「ものもらい、治った」という人もいたらしい。

 

と、話をそらしにそらしまくったところで

 

もう、朝ですね。

 

昨日も、1時間しか横になってないから寝ます。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>