痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
小さなパン屋さん 更新しました

 

 

 

 

「角食パン」

 

昨日、少しだけ焼いて販売しました。

 

パン屋時代以来の販売。

 

複雑な気持ちもありつつ、

 

ある人を意識して焼いたのでした。

 

 

 

 

昨日、これを500円で販売させていただきました。

 

パン屋開業時(約16年前)は240円。

 

増税も3.5.8%と上がってきたのもありますし、

 

小麦粉の価格が大幅に上がったのが大きい。

 

それと、価値観の変化。

 

当時は、パン屋。

 

日々のパンを販売するところですから、

 

少しでも皆さんの生活に役立てるように安くしていました。

 

私は、すべて、かなり安く出していましたから

 

東京から来るお客さんには、よく言われました。

 

「この値段でいいのですか?」

 

 

 

 

当時の感覚がおかしいのです。

 

よく聞いてください。

 

現在、リュスティックは、

 

160g(焼成前)で180円です。

 

あの味で高いでしょうか?

 

1グラム当たり1.125円です。

 

角食パンは、440gあります。

 

そのまま計算すると、495円になります。

 

さらに、大きな違いは、油脂や乳製品、砂糖などの

 

副材料が含まれる食パン生地は原価が高いですから、

 

1g当たりがこの価格ではできません。

 

ということは、本当は、500円以上が最低ラインです。

 

多くのパン屋さんの食パンが安めな主な理由は、

 

大きなパンを買ってくださるから割安にしているのと

 

お店に足を運んでいただくために、

 

日々のパンは安く設定するからです。

 

私は、営業日も少ないですし、パン屋ではありませんので

 

薄利多売はできないのです。

 

できないからには、パン屋さん価格はできません。

 

500円でも割引している価格だということは

 

ご理解いただきたいです。

 

ちなみに、近年の高級食パンブームみたいなのがあるようですが、

 

あれは、全然、高級ではないです。

 

そう言い聞かすことで高額にして商売にしているだけです。

 

バターと書いてあっても、

 

マーガリンの店はいくらでもありますしね。

 

 

 

 

考えてみてください。

 

朝食においしいパンが待っているというのは

 

とても素敵な朝を迎えられますよね。

 

一斤を5枚切りにしたとします。

 

1枚100円ですね。

 

その豊かさ、その一枚が100円。

 

高いですか?

 

私の角食パン、食べたことありますか?

 

ジャムもバターもいらないくらいですよ。

 

それほどおいしくない食パンを2枚食べても、

 

同じ価値にはなりません。

 

パン屋が食パンには使うことはない粉をたくさん使います。

 

24時間かけてつくります。

 

あれだけ味が濃くて、歯切れ良くて、

 

口どけをよくするのは、一般的な製パン理論的には困難です。

 

でも、可能なのです。

 

さて、価格の話からそれてきましたので戻しますが、

 

今後、食パン類を販売させていただく場合、

 

グラム当たりの価格を適正価格にしていきます。

 

ご理解くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

5日も7日も、カフェは空いていましたし、

 

左肩を負傷しているため、

 

パン以上にお菓子はつくりたくありません。

 

ということで、開業6年半で初の試み、

 

一日限定の小さなパン屋さんをやりたいと思います。

 

小さな、です。

 

サンスがパンを売り始めたのではなく、

 

私が個人としてサンスでパンを販売させてもらいます、程度です。

 

間違えないようにお願い致します。

 

今後、カフェの日にパンを買いに来る人が増えたら

 

困りますし、そうなるならもうやらないと思います。

 

多くても10種類程度ではないでしょうか。

 

シンプルなパンが主力となります。

 

まだ、決めていませんのでわかりませんが、

 

角食パンは、せっかく話にも出ましたので焼きましょう。

 

 

 

 

 

 

9月10日(火)

 

13:00 - 19:30

 

12時に開けられるように準備をしていましたが

 

台風の片付けで時間を奪われているため、

 

13時からとさせていただきます。

 

店内、写真撮影禁止です。

 

店内では、スマートフォン、カメラ等、

 

電子機器使用不可とさせていただきます。

 

状況により、数量制限をさせていただくこともございます。

 

できるだけ制限したくはありませんが、

 

オープン時の状況によります。

 

トータル◯個までという制限はございません。

 

あるとすれば、同じパンに対する数量制限となります。

 

数量が少ないパン、一部のパンは状況問わず制限がございます。

 

都合により、数量が少ないもの、多いものの差があります。

 

角食パンのスライス以外のカットなどは、一切できません。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

まだ、暑いですから、

 

パンなんか食べる気もしないでしょうし、

 

みなさん、有名店が好きなのでしょうから、

 

空いているとは思いますが、

 

もしも、パンがなくなってしまった場合はブログに書きます。

 

当然ですが、当日はカフェはご利用いただけません。

 

他の物販は、

 

他にお客様がいらっしゃらないくらい空いていたら

 

ご利用いただけますが、私一人なもので、

 

お待たせしてしまうと申し訳ないので

 

基本的にはお休みとさせていただきます。

(ダンク式珈琲のみレジにございますので販売可)

 

 

 

 

 

メニューは、

 

 

「角食パン」

 

耳がおいしい食パンです。焼かなくても美味。

 

スライス承ります。

 

4.5.6.8枚のみとさせていただきます。

 

耳付き、耳なしは選べません。

 

 

「バゲット」

 

24時間熟成。

 

究極に触らずにつくるバゲットです。

 

 

「フロマージュ」

 

バゲット生地にゴーダチーズ入り。

 

新たに形を変えて食感を出してみます。

 

 

「カンパーニュ」

 

石臼挽きのはるゆたか小麦を主役にした濃厚な田舎パン。

 

ライ麦全粒粉15%。

 

自家製酵母の酸味なんて微かにもない。

(ライ麦由来の酸は探せば微かにあります)

 

 

「エピ」

 

通常、バゲット生地ですが、今回はカンパーニュで。

 

粒マスタード&ベーコン。

 

 

「カレンズ&オレンジピール&くるみ」

 

ライ麦全粒粉15%、小麦全粒粉15%使用。

 

 

「アプリコット&イチジク&レーズン&くるみ」

 

ライ麦全粒粉25%、小麦全粒粉12%使用。

 

 

「クランベリー&サワーチェリー&ヘーゼルナッツ」

 

ライ麦全粒粉20%、小麦全粒粉10%使用。

 

 

「クランベリー&サワーチェリー&ヘーゼルナッツに

 

デンマーク産クリームチーズ入りのパン」

 

名前決めてないので名前長い。笑

 

 

「石臼挽き小麦のバターロール」

 

3個入り。

 

手でちぎる感触を楽しんで食べて欲しい。

 

 

「バニラのメロンパン」

 

バターロール生地でつくるメロンパン。

 

たくさん焼きます。

 

メロンパン好きじゃない人に食べてもらいたい。

 

絶対に、あなたの想像は追いつかない。

 

 

 

 

予定通り焼ければ11種類ですね。

 

小さな小さなパン屋さんですから、このくらいです。

 

では、パンが好きな方、お待ちしております。

 

 

 

 

あ、10月1日に

 

「パンの神が降りるとき 2」を開催します。

 

食べる、つくる、両方に興味のある方、ぜひ。

 

 

 

お店のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>