痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
今日のひとこと

 

昨日の「お客様へのお願い」

 

ご理解いただけましたか。

 

簡単に言えば、

 

カフェに入店して無料で帰るは反則でしょう、

 

ということです。

 

カフェは、料理ジャンルではありません。

 

時間の長さに関わらず、

 

過ごすことで、その人が何かを見出す場所。

 

お金を払うかわかりませんがカフェに入店します。

 

ということは、

 

作品は見ないので美術館に無料で入る、とか

 

アトラクションは楽しまないけれど

 

遊園地の雰囲気は無料で楽しむ、

 

というのと同じことです。

 

特に当店「sens et sens」は違います。

 

この扉を開けたことがある人の多くはわかるはず。

 

別の世界がある。

 

お帰りになる時、より実感することでしょう。

 

「あぁ、いつものこの世界に戻るのか。」と。

 

 

 

 

 

先日、久しぶりに代官山から渋谷まで歩きました。

 

36度だったけど、

 

「夏だなー。」を感じられたのはそれでよかった。

 

暑いのは苦手だけれど、夏を感じるのはいい。

 

そうでないと、冬の良さも感じられないから。

 

 

 

 

どうでもいいような話ですが、

 

私、食券のお店、苦手なのです。

 

あの入り口で注文を決めなければならないという圧力。

 

すぐに後ろに次の人が来たら最悪だし。

 

私は、ゆっくり見たい方。

 

絶対、女性に好かれない方法だと思う。

 

 

 

 

今日、カフェで、

 

「私を急かす気ですか?」と言いました。

 

怖かったでしょう。笑

 

ごめんなさい。

 

性格が悪いので、

 

わざと嫌われることをする私です。

 

変に気を使わないで、

 

座ってのんびりお待ちください。

 

おかわり、嬉しかったですよ。

 

ありがとうございます。

 

 

ついでに言いますが、

 

「急かす人大嫌い」というのは、

 

早く片付けてください、

 

早くメニュー見せてください、

 

早く注文受けてください、

 

早く出してください、

 

早く会計させてください、

 

などを意味する行動です。

 

言動は論外。

 

自分にゆとりがないのを人に押し付けないでください。

 

スピード重視ならそういうお店に行ってください。

 

私は対象を最適化することが得意ですから、

 

その場の最適な行動をしています。

 

飲食物のクオリティー重視の上で。

 

それと、

 

私より慎重で丁寧につくる人、そういないですから

 

時間かかります。

 

ついでに言いますが、

 

「丁寧」と「ただゆっくり」なのは当然、違って、

 

早くすべきことは早くする、

 

注意深く適切なスピードでやるのが丁寧です。

 

 

 

 

 

閉店後の「桃のタルト」

 

まあまあかな。

 

みなさんは、もっと、桃多いです。

 

 

 

 

 

 

今日のひとこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>