痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
シュトレン

 

今、最後の栗のシュトレンを焼くところ。

 

「シュトレン 2018」「栗のシュトレン」

 

ようやく、これで終了。

 

先日、お伝えした通り、発送は今月中には終了します。

 

順調に行けば、少し残るようにしていますが、

 

追加受付はありません。

 

色々なことが重なって、とても忙しいひと月。

 

今月、1月2日以外に休日はない。

 

カフェのご予約受付もありますし、

 

もう、気分的にメールやご入金確認などができません。

 

神経の擦り減る制作の連続。

 

さすがに疲れましたが、

 

よき時間のおともになれば幸いです。

 

 

 

 

お店のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>