痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
「ワインの会」(仮)

 

 

 

昨日、初開催しました「ワインの会」(仮)。

 

開催したにもかかわらず、(仮)ですが、(笑)

 

無事、楽しく終了致しました。

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

6名様と私で7名で7種類のビオワインを飲みながら食事をする会でした。

 

今回、「アルザス」と「ラングドック」のフランスのワインのみをお出ししたのもあり、

 

料理は、料理できないなりにフレンチをつくりました。

 

「じゃがいもと長ねぎのビシソワーズ」

 

「生ハムとルッコラのサラダ」

 

「キッシュ・ロレーヌ」

 

「赤のキャラロット・ラペ クミンの香り」

 

「赤キャベツのバターソテー」

 

「真鯛のポワレ 自家製ゼミドライトマト添え」

(レモンを置いておいたのにレモンをつけ忘れました!)

 

「ブッフ・ブルギニョン」(牛肉の赤ワイン煮込み)

 

「フルーツとミルクアイスクリーム」

(プラム「ソルダム」、白桃「あまとう」、さくらんぼ「佐藤錦」)

 

他、チーズ、オリーブなど。

 

 

 

 

結局、6時間くらいやってましたね。笑

 

話していた、という方が正確かと思いますが。

 

「料理が多い」というクレームがありましたので、少なくします。笑

 

でも、まあまあ、こん会としてはよかったのではないかと思います。

 

私は、料理を出しつつも、一緒に座って食べたり飲んだりできましたので、

 

初回としては大成功としたいと思います。

 

ワイン、おいしかったですね。

 

7名で、ほぼ、6本を飲みました。

 

飲んだ方だと思いますが、あれだけおいしいとね、入ってしまいますよ。

 

前半、飛ばして、後半、みんな、赤で失速していましたが、

 

白がハイレベルだったので、仕方ないかなと思います。

 

料理が多かったようですし。

 

酸化防止剤完全無添加が2本ありましたし、

 

他も少量の使用ですので、悪酔いしにくいのは明らかでした。

 

ただ、飲むだけですと言っていましたが、それはなぜか?と言いますと、

 

知識が先に来ると、詳しい人は決めつけすぎる傾向がありますし、

 

詳しくない人は、自分の感覚を信じきれなくなりがちです。

 

固定観念は捨てて、

 

「私はこれが好き」

 

「今はこれが好き」

 

という、感じたものを大切にして欲しいからです。

 

同じ生産者の単一品種のワインを何種類も飲んだりしましたので、

 

品種の違いもわかりましたし、よい意味で対比を楽しめたと思います。

 

初回だからということで、かなり、サービス気味で、

 

8000円ではできない内容でした。苦笑

 

でも、また、やりたいとは思います。

 

ワインが変われば、何度でも愉しめると思いますし、

 

やっていくうちに、料理もマシになるかもしれません。

 

同じ料理を20回つくったことがある人を、

 

2回で超えるのが、私の特技です。

 

やってみせます。

 

料理、多くならないように頑張ります。笑

 

また、やりたいので、ワインに興味のある方は教えてくださいね。

 

ありがとうございました。

 

 

 

ワインの会 - -
<< NEW | TOP | OLD>>