痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
15日のカフェのこと 更新しました

 

15日のカフェについてです。

 

オープン時のみご予約制、その後、フリーとなります。

 

バレンタインに誰かにあげるものには興味が湧かないのですが、

 

チョコレートという素材は好きなので、

 

14日は、チョコレートのスイーツ多めか、すべて、チョコレート菓子か。

 

15日は、バレンタインが終わり、

 

世の中は、チョコレートから意識が遠くなると思いますので、

 

あえて、同じく、チョコレート菓子攻めでいきたいと思います。

 

14日と同じ内容かはわかりません。

 

 

14日は、3種類の「ガトー・ショコラ」をおつくりました。

 

対照的なタイプになります。

 

「ガトー・ショコラ・クラシック・エ・バナーヌ」

 

最もクラシックなタイプ。軽さのある伝統的な配合です。

 

キャラメルソテーしたバナナとともに。

 

こちらは、室温に戻してからお召し上がりいただきます。

 

 

最近、数日間、おつくりしている

 

「ガトー・ショコラ」

 

カカオはしっかりと感じつつ軽さのある口どけの良いタイプ。

 

こちらは、冷蔵の温度帯からそのまま冷たい状態で仕上げます。

 

 

「濃厚なガトーショコラ 木苺とともに」

 

小麦粉を使わない濃厚なタイプ。

 

ガナッシュのような滑らかさがあります。

 

今回は、赤いフルーツを思わせる酸のあるチョコレートを使用しています。

 

フランボワーズとフランボワーズソース添え。

 

 

「苺とチョコレートのイートン・メス」

 

クリームをクレーム・ショコラに変えて仕立てます。

 

スイーツチョコレートと苺はよく合います。

 

苺、苺ソース、チョコレート、バニラのメレンゲのパフェ。

 

 

 

「ショコラ・エ・プリュノー」

 

フランス・アジャン産プルーンにガナッシュを詰めたお菓子です。

 

アメリカ産にはない酸味があり柔らかいプルーンです。

 

プルーンが苦手な方にも好評ですよ。

 

甘酸っぱさと濃厚なガナッシュ、私は大好きです。

 

 

「チーズのテリーヌ」

 

「チーズのテリーヌ ネーブルオレンジとともに」

 

爽やかな広島産ネーブルオレンジ添え。

 

 

 

スイーツ限定としていましたが、

 

濃いスイーツばかりなので、シンプルなタルティーヌをつくります。

 

「グリュイエールチーズのタルティーヌ」

 

チーズをのせて焼いて、有機ブラックペッパーをかけるだけですが、

 

パンとチーズの質が、ただのそれを昇華させます。

 

パンは、バゲットにします。横にスライスして、

 

上下ともにチーズを乗せますので2つということなります。

 

有機にんじんのキャロットラペ付き。

 

軽食は、

 

「タルティーヌ」か「有機にんじんのポタージュ+パン」です。

 

上記が14日のメニューです。

 

ここからいくつか変更の可能性がございます。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再入荷しています。

 

余計な一言とサイン入りもございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「kusa.喫茶」さんとのコラボ珈琲を販売開始しました。

 

ご自宅でも美味しい珈琲を手軽に飲んでいただきたいという思いです。

 

私の選んだブレンドでつくっていただきました。

 

いつでも熱湯があれば簡単に適当に淹れられるといいますか

 

紅茶感覚で、浸けておくだけで美味しい珈琲になります。

 

最初に少し上下していただく以外は作業はありません。

 

お好みの濃さで外してください。

 

深い方が好きな方は浸けっぱなしでも大丈夫です。

 

ありえないほど雑味が出ず、クリーンな味わいを保ちます。

 

たくさん動かして、長く浸けると少々の微粉は出ますが気にならない程度です。

 

3P   ¥420(一杯、140円で飲めます!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月15日(木)

 

12:00 - 21:00

(19:30ご入店まで)

 

 

 

 

カフェは、1ドリンク制となります。

 

メニューは、軽食、スイーツです。

 

ご予約の方は1フード1ドリンクはお願い致します。

 

必ず、ホームページ内「カフェのルール」をご覧下さいませ。

 

オープン時の12時のみ予約制とさせていただきます。

 

14時よりフリーとさせていただきます。

 

お待ちになる場合、お伝えください。

 

今夜中に全ての方に返信させていただきます。

(お申し込みが遅い場合は当然、返信も遅れます。)

 

朝でもかまいませんので、確認の返信をお願い致します。

 

 

 

 

カフェご利用に関しまして、

 

フリーの営業日は、ご利用はお一人でお願い致します。

 

2人がいけないのではなく、一人が好きな方が来るところです。

(完全予約制の日は2名様もご利用いただけます)

 

物理的ではなく、精神的に一人になる、

 

一人を愉しむカフェであることをご理解くださいませ。


混雑時は、ご注文のオーダー総数の制限をさせていただくことがございます。

 

メニューに記載、もしくは、お伝えしない限りは制限はありません。

 

 

 

 

 

コーヒーは、先日、お知らせしました

 

デカフェの「ペルー」

 

とうもろこしのような甘みがあります。カフェインレス。

 

コーヒーメニューの浅煎り、中煎りのページに乗っていますが、やや深いです。

 

でも、ブラジルよりは深くない。

 

基本的に、上に書いてあるほど浅煎りだと思っていただいて良いです。

 

いつも、「グアテマラ」の深煎りがあるところに、

 

現在は、「タンザニア」深煎りが入っています。

 

その他、4種ございます。

 

歴史的な香味の「エチオピア ナチュラル精製」、

 

ネルで4分抽出の「ストロングローストブレンド」もお勧めです。

 

 

 

 

 

 

<ご予約方法>

 

受付:2月14日(水)21:00〜(15日分)

 

 

メールのみでの受付となります。

 

必ず、件名を「○日の予約」としてください。

 

 

<メール記入事項>

1.お名前

2.当日も連絡できる連絡先

(携帯電話がない方はご自宅)

3.お住まい
(例:「つくし野」など。遠方の場合、県名など)

 

4. 当店のこと、ご来店の動機、現在の感情、その他、何かしらご記入ください。

 

初めての方はそのようにご記入ください。

 

 

 

メールアドレス:sensetsens.yoyaku@gmail.com

 


それでは、お申し込みお待ちしております。

 

 

 

お店のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>