痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
明日から

 

4日間連続のお菓子教室が始まります。

 

前回、時間を間違えてしまった方がいましたが、

 

11:30〜となります。(11:10くらいに開けます。)

 

お間違えのないようにお越しください。

 

いつも、私も記憶が曖昧だったりして、

 

「何時だったっけ?」と思いながら

 

自分で書いたブログを確認したりしています。笑

 

真剣に学び取ることを愉しんでやりましょう。

 

では、明日、お待ちしています。

 

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室のこと

 

9月のお菓子教室(お菓子教室 1)に参加された方で

 

「お菓子教室 2」にも参加される方は、

 

前回以降に出てきた質問がありましたら、

 

時間のある限りはお応えしたいと思いますので、

 

準備だけはしておいてくださいね。

 

どうしてこうなってしまったのか?

 

などの疑問を解いていくことが一番、成長に繋がります。

 

応用についての質問は不可です。

 

「〇〇のようなものをつくりたいのですが...」は、なしです。

 

それは、無限に話が膨らんでしまい、

 

質問ではなく講義になってします。

 

ご了承ください。

 

 

 

メールの返信がない方がいますが、

 

ブログに書いた通り、ご入金の報告はいりませんので、

 

まずは、確認の返信をくださいね。

 

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室のこと

 

リツイート!!

 

 

 

 

お菓子教室にご参加いただける方、

 

ご参加いただけないけれど興味がある方、

 

まず、私のツイッターとnoteを読むことをお勧めします。

 

ツイッターは、登録しなくても読めますし、

 

noteは、お菓子づくりに関する無料公開のものもあります。

 

ツイッターでは、感性に関わることや、

 

その逆の論理思考に関わることなどを話すこともあります。

 

話の内容がお菓子かどうかではなく、

 

理性と感性について理解していないと勿体無いなと思います。

 

「お菓子づくりは、

 

感性を使ってつくりたいもののイメージを膨らませて、

 

理性を使って論理思考で構築し、

 

感覚でそれを物質化、現実化する作業です。」

 

その結果の記録がレシピです。

 

結果の数値や言葉よりも過程の感覚的な理解が大事です。

 

noteで、「ガトー・ショコラ」を読んでいる人と読んでいない人では、

 

当日、話を聞いて理解する能力、免疫とでも言いましょうか、

 

「そういえば、あれでも言っていた!」と思う人と初めて聞く人では

 

インプット能力に相当な差が出ると思います。

 

使う素材の細かい説明が載っていますので、

 

それだけで、随分と違うと思います。

 

免疫というのは、私の論理思考についてくるための免疫です。

 

どちらかといえば、理性より感性、

 

論理が苦手な女性がほとんどですからね。

 

論理思考についてこれるかどうかまでは責任取れませんよ。

 

思考力は、以前、

 

「思考力の育て方」というワークショップやりましたね。

 

あれに参加された方は成果が試されます。

 

使ってきていない方は育ってないです。

 

私は、作業しながら、勢いよく解説しまくりますので、

 

書き留めるのではなく、

 

理解することに集中して欲しいです。

 

経験がなくてもわかるように説明しますが、

 

書き留められるような量の情報量ではないと思います。

 

その場で書き切れるということは、

 

それだけ、見ていなかったということ。

 

受付の記事の「noteとライブの違い」を読んでくださればわかるはずです。

 

ライブは感じるもの。

 

ライブでnoteの良さを得ることは不可能です。

 

お菓子づくりの経験は不要ですが、

 

「強い興味」と「準備」はその人次第。

 

当日、楽しくやるためには、私もみなさんも準備が全て。

 

ご購読くださった方は、何度も読んでから来てくださいね。

 

何度も読んだことで気づく新しいこともあるはずです。

 

ツイッターは、できれば、すべて読んだ方がいいです。

 

きっと、あなたが必要としている言葉がみつかります。

 

ツイッター

 

「note」

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室

 

先程、すべての方に返信させていただきました。

 

ご確認・ご返信くださいませ。

 

ご入金は、随時、確認致しますので、

 

ご連絡いただかなくても大丈夫です。

 

よろしくお願い致します。

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室受付


「お菓子教室」は、全て満席となりました。

 

ありがとうございます。

返信をお待ちください。


 

 

ワークショップ - -
「お菓子教室」ワークショップ

 

 

 

 

 

「お菓子教室」

 

 

9月に続き、10月も開催することに致しました。

(最低でも11月〜クリスマスまではできそうにありませんし、

 

いつが最終回かは私もわかりません。)

 

第一回は、一気にお伝えしたいことがいくつもありましたので、

 

内容の幅があり、濃すぎるくらいでしたが、

 

あの内容をやらないとつくれないお菓子が多すぎるため、

 

お菓子づくりをやりたいならば、

 

必ず通過したほうがいい内容だと思っています。

 

ご参加いただいた皆様は、慌ただしくて、すみませんでした。

 

もう少し作業時間を短縮して、ゆとりを持ちたいと思います。

 

その第一回を「お菓子教室 1」と致します。

 

今回は、

 

日にちにより、1と2を選べるようにしたいと思います。

 

前回、参加していない方は、

 

前回の告知もご覧ください。

 

実際に私が使っているルセットを公開します。

 

見ることで感じ、感性を磨く、

 

その解説と試食により

 

お菓子づくりに必要な「建築デザイナー的思考力」

 

を養っていただくお菓子教室です。

 

 

 

 

 

内容:

 

私のお菓子づくりは、

 

お菓子の名称ではなく、製法で分類します。

 

 

 

「お菓子教室 1」

 

バターベースの焼き菓子、生地類。

(パウンドケーキ、私のケーク類、アーモンドクリームなど)

 

写真の「クグロフ・キャラメル」もこの分類になります。

 

 

卵ベースの焼き菓子、生地類。

(パウンドケーキ、マドレーヌ、マフィン、パン・ド・ジェンヌなど)

 

共立ての生地(全卵のまま泡立てる生地)

(ショートケーキ、ロールケーキなど)

 

もうひとつ、デモをやります。

 

「お菓子教室 1」は、9月と同じお菓子とは限りません。

 

 

 

「お菓子教室 2」

 

シュー生地を使ったお菓子

(シュークリーム、エクレール、シュケット、ぺ・ド・ノンヌなど。

 

シュー生地を2種類つくるか、

 

同じ方向性の製法であるスフレ生地をつくります。)

 

クレーム・パティシエール(カスタードクリーム)

 

クリームの応用を数種類

 

 

 

余談ですが、

 

私は、焼きたてのシュー生地を

(実際には、ほんの微かに温かい冷めたて)

 

そのまま食べるのが好きです。

 

 

 

 

 

1、2ともに、

 

数種類のお菓子づくりのデモンストレーション

 

いかなる表現にも対応できる論理的解説、

 

試食(珈琲付き)

(試食しながら質問タイム)

 

 

使う素材の詳細は未定ですので、

 

極端に好き嫌いが激しい方はやめておいてください。

 

参加費は、ゆうちょ銀行への振込前払い制となります。

 

ご入金後のキャンセルは不可です。

 

理由にかかわらず返金できかねます。

 

今回も簡易的会員制を採用致します。

 

ご予約履歴がある方とない方で参加費が異なります。

 

ご予約履歴とは、

 

完全予約制とフリーのカフェのオープン時のご予約に限らせていただきます。

(以前、フリーのオープン時のみ予約を受け付けていたことがあります。)

 

こちらに、メールの履歴がございますので確認させていただきます。

 

期間は、2017年3月〜2018年9月までとさせていただきます。

 

当店は遠方からのお客様も多いので、ご利用回数は無関係です。

 

1回でも100回でも同じという意味です。

 

最低限の人数が集まらない場合は中止とさせていただきます。

 

「タルト」もご要望が多いのですが、

 

もう8月から書き始めている「note」で公開します。

 

いつか、お菓子教室でもできたらよいとは思います。

 

 

 

 

 

日時:

 

 

「お菓子教室 1」

 

10月13日(土)

 

 

「お菓子教室 2」

 

10月14日(日)、15日(月)、16日(火)

 

 

11:30 - 15:00(3.5h)

 

(質問時間や試食、休憩を含む)

 

念のため、15時半までは確保して欲しいです。

 

私が遅れない限りは15時終了です。

 

 

 

参加資格:

 

経験は一切不要です。

 

余計な体験がある方が邪魔なくらいです。

 

ご自宅でお菓子づくりをされる方、

 

お仕事でお菓子づくりに関わるプロの方、

 

すでにお店をやっている方でもかまいません。

 

18歳未満の方はお伝えください。

 

お一人で参加できる方のみとさせていただきます。

 

2名以上でないと参加しないという方はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

定員:最大12名

 

参加費:

 

簡易的会員の方 10.000円

 

簡易的会員以外の方 13.000円

 

ともに税込価格となります。

 

 

 

 

 

 

受付:9月22日(土)22:00〜

 

 

受付は、基本、1分単位での先着順とさせていただきます。

 

記入事項の不備は無効となりますのでご注意ください。

 

 

 

<お申し込み方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「お菓子教室(1or2)」としてください。

 

必ずご希望の1or2をご記入ください。

 

記入事項を以下の番号順にご記入ください。

 

記入事項は、

 

 

 

1.お名前(漢字、フルネーム)

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.参加希望日

 

複数ある方は希望順にご記入ください。

 

1、2、両方というのも可能です。

 

 

5.お菓子づくりのこと、参加希望理由、

 

何かしら自由にご記入ください。

 

どうしても珈琲が飲めない方はご記入ください。

 

カフェご予約履歴のない方はそのようにご記入ください。

 

店名をお伝えいただける方に限り、

 

領収書を発行致しますのでご記入ください。

 

 

 

 

内容は、

 

製菓専門学校の授業、プロ向け講習会に負けません。

 

学生や開業予定者など、

 

本気の方は今後の人生が変わると思います。

 

ご検討くださいませ。

 

お申し込みお待ちしております。

 

(事情により、前回とは違うメールアドレスを使いますので、

 

以下のメールをクリックしてご使用くださいませ。)

 

workshop.sensetsens@gmail.com

 

 

ワークショップ - -
ワークショップ

 

10月も「お菓子教室」を開催させていただきます。

 

内容は検討中ですが、

 

受付時にはわかるようにしたいと思います。

 

前回同様、

 

簡易的会員制は変わりませんので、

 

どなたでもご参加いただけますが、

 

カフェご予約履歴がある方とない方で参加費が異なります。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室

まだ、明日のお菓子教室のための

お菓子の内容、調整をしています。

ギリギリまで最善を尽くします。

試したお菓子を食べ過ぎて気持ち悪いです。笑

お菓子のために、

部屋も室温を下げますので、

調整できる服装でお願い致します。

では、明日、お待ちしています。


ワークショップ - -
お菓子教室 受付完了メール

 

お待たせ致しました。

 

ようやく、全ての方に返信させていただきました。

 

ご確認、ご返信くださいませ。

 

メールが届かない方がいましたら、

 

サーバーのトラブル等が考えられます。

 

お手数ですが、再度、ご連絡ください。

 

「焼きメレンゲ」というご要望もいくつかありましたが、

 

いつも、ブログに書いているとおり、4時間乾燥焼きするので、

 

みなさんが帰ってから焼き上がりますね。笑

 

メレンゲは甘いのですが、

 

つくるのは、そう甘いものではないのでした。

 

とにかく、何をつくるにも時間の勝負になりそうです。

 

幅広く使えることが含まれるものをできるだけ選択します。

 

そして、時間が間に合うもの。

 

試食、質問以外では3時間くらいしかありませんので、

 

私も最善を尽くしたいと思います。

 

4日間で参加者48名というのは、なかなかの圧力です。

 

 

みなさんは、

 

他の方と話をしてはいけないわけではありませんが、

 

話していられるほど意識がこちらにないようでは無理かと思いますし、

 

目をそらしている場合ではないです。

 

食べるときも、お客様気分では「おいしかった」で終わりです。

 

3時間半は、一気に集中して行きましょう。

(いつも通り、私のワークは、あっという間です。)

 

私の言葉(理論)は、

 

記憶(記録)するのではなく、理解するものです。

 

人間は記憶したものは忘れますが、

 

理解したものは忘れません。

 

真剣にインプットすることを愉しみましょう。

 

 

 

ワークショップ - -
お菓子教室の追加開催

 

ご連絡いただきました、皆様、

 

素早い対応、ありがとうございます。

 

現時点で締め切りとさせていただきます。

 

火曜日も可能な方、新規お申し込みにより、

 

火曜日も満席となりましたので、水曜日も!

 

とは、言いません。

 

しかも、定員を10名から12名に増員していますが、

(想定内)

 

それでも、4日間とも満席となりました。

 

受付時間ちょうどで、3日間ともオーバーしています。

 

これでも、お入りいただけなかった方はお許しください。

 

メールが遅すぎたり、曜日の都合ですから仕方がないと思います。

 

追加開催により救われた方も多いです。

 

 

こんなに素早く追加開催の判断をして、

 

お断りする人数を少なくすることも少ないでしょうし、

 

それがすぐに埋まることも稀ではないかと思います。

 

簡易的会員ではない方も結構いますし、

 

全国からお申し込みをいただいています。

 

ありがとうございます。

 

今夜には返信致しますので、

 

そのメールへの返信とご入金で受付完了となります。

 

では、もう少しお待ちくださいませ。

 

 

 

ワークショップ - -
| 1/6 | >>