痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
「おはなしの会 お菓子のおはなし」受付について

たくさんのお申込みをいただき、ありがとうございました。

定員をオーバーしているため、先着順+抽選+審査により選考させていただきました。

お待たせいたしましたが、すべての方に返信が完了致しました。

ご確認くださいませ。

受付できなかった方にもメールは送っております。

メールが来ていない方いましたら、サーバーのトラブル等の可能性があるため

お手数ですがご連絡ください。もしも、キャンセルが出た場合、受付できなかった方に

連絡させていただく場合がございます。よろしくお願い致します。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 お菓子のおはなし」




セミナーの受付は終了致しました。



プロ向けのお菓子づくりのセミナーです。

ここで言うプロとは、

店舗があるかどうかは関係なく、販売目的でお菓子をつくって活動している方、

カフェ、洋菓子店、パン店などで働いていてお菓子づくりを突き詰めたい方、

その他、お菓子づくりに関わるお仕事をされている方です。

活動している屋号やホームページ、活動内容、

働いているお店の詳細を示せない方はご参加いただけません。



最大のテーマは、

「ルセットづくりのためのルセット」

つまり、つくりたいものをつくる方法をつくる、構築する思考力を養うということです。

レシピ本、学校で習ったレシピ、修行先のレシピや、

それらの経験上から少々の変更をするなどではなく、

白紙の状態から自分のつくりたいお菓子のイメージを膨らませ、

何をどうすればそれが実現できるかを最短距離で見出す方法です。






どんな香り、どんな食感、どんな味わい、どんな口どけ、どんな余韻。

すべてを素材の特性と製法により自由に表現できる。

パン以上に素材の特性、実質的な役割は明確であるため、

パンのように曖昧な感覚の世界ではなく、

いかようにも操作できます。そのためには、基本のようで重要かつ単純な作業を

複雑に深く理解し、内部で何が起きているのかを知る必要があります。

とことん材料学を細部にわたり説明致します。

素材の質の見極め方や保存管理方法なども細かくやります。

基本作業を具体的にデモを行い確認していただきます。

例えば、生クリームを泡立てる、メレンゲを立てるなどです。

材料を入れる順番を変えるだけでも違います。

そんなこと誰でもできると思っていることに、表現の幅が生まれるカギがあります。






数種類のデモと試食を合わせて、20種類以上はお菓子をつくります。

あるいは、完成したお菓子ではなくても、何かのお菓子に使える生地なども含め、

焼成するもののほうが難易度が高いので焼くものが多めです。

ひとつのジャンルを複数つくるものもございます。

ベーシックなものが多くなりますが、ジャンルに関わらず、

すべてのお菓子づくりに活かすことが可能です。

たくさん食べていただきます。食べて違いを感じることが、とても大切だからです。

甘いものだけ食べるのは辛いのもありますし、昼食も兼ねて、ケーク・サレも入れます。

私のレシピを学びに来るという意識ではいけません。

どのようなルセット(つくり方)も、自分で構築できるようになるための基準にすぎず、

お菓子作りの多様性を楽しむための思考力を身につけることが目的です。

つまり、つくりたいもの、そのイマジネーションから逆算して、

ルセットを組み立てることができるということです。

他人のつくったものを食べたとき、材料の配合や製法をイメージできるようになります。

良くも悪くも、そこで何が起きているのかがわかるようになります。

お菓子づくりは、素材と素材を仲良くさせるという行為であり、

私たちは、その仲介役です。

願っても、祈っても、美味しくはなりません。

本当に心でつくるという意味が分かると思います。


経験の長さは関係ありません。

私自身、フランス菓子の学校に1年間行き、少し働いただけで、

その後は、パンの世界にいますので、それほどお菓子をつくってきていません。

今はカフェであるため、焼き菓子、生菓子をつくりますが、

ほぼ、表現できないものはないと感じています。つくったことのないものばかりですが、

それは、まったく関係なく、何をすればどうなるのかを考えればいいだけです。

どんなご質問にもお答え致します。わからないことがあれば、後日でも答えます。

日頃の疑問等、納得のいくように説明させていただきます。

セミナー後も、メールにてご質問いただけます。





(つくるものとすべての写真は関係ありませんので、ご了承くださいませ。)


日程:10月26日(月)

時間:10:00〜17:00(7時間)

時間帯は分散しますが、たくさんの試食がございます。場合によっては、

お持ち帰りいただくものもあるかもしれません。

質問がたくさんある方は、18時までは対応致しますので予定を空けておいてください。

参加資格:こちらのブログ記事の最初に書いたものをご参照ください。

参加資格があるかどうか不安な方は事前にお問い合わせください。

参加費:15000円(税込)

数種類のデモとたくさんのお菓子の試食、昼食を兼ねたケーク・サレ、

セミナー後も期限なく、ご質問いただける権利等を含めた参加費となります。

当日、翌日とお店を休業しての開催となります。
(翌日に営業するなどありえないくらいのエネルギーを使うためです。)

リスクがありますため、前払い制とさせていただきます。

ゆうちょ銀行へのご入金をお願い致します。

<受付について>

10月3日(土)22:00〜

メールのみ有効となります。以下、アドレスです。

sens@sens.uan.jp

記入事項は、

,名前
∪別
G齢
い住まい(町田、世田谷など。他県の方は都道府県名)
ヅ日も連絡の取れる連絡先
Ω什澆僚蠡粟茵店舗名、活動名など
(ホームページアドレス等貼り付けてください。)
Щ臆値由
(可能な範囲で経歴や現在の状況、今後の希望なども含めていただきたいです。)

件名を「おはなしの会 お菓子のおはなし」としてください。

参加資格があるかどうか、簡単に審査がございます。

そのため、こちらから質問させていただく場合もございます。

定員内の場合、先着順となります。

人数がオーバーした場合は、半数は先着順、半数は抽選とさせていただきます。

その場合、半数が抽選となりますが、基本的には早く送っていただきませんと

「参加意思は弱い」と判断することになります。審査に影響致します。

フライングは無効とさせていただきます。

10月7日までには返信致しますので、返信がない場合はご連絡ください。

サーバーの不具合の可能性があります。

埋まらない場合は、延長して受付致しますが、8名以下の場合は中止となります。





自由に納得のいくお菓子づくりができるようになり、より多くの人に喜んでもらえる。

自信が持てるようになるという心の健全さが味にも出るものです。

参加者の方は、お菓子づくりの面白さにとりつかれ、一生、つくり続けると思います。

最低でも今年は一度しかできませんし、最初で最後のつもりで臨みたいと思います。

この機会にご検討くださいませ。






 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 パンのおはなし」8/9更新しました。





昨年、行いましたプロ向け「パン講習会」の進化版として、

「おはなしの会 パンのおはなし」を開催致します。

パンはつくり手により、それぞれ個性があります。

しかし、自分がつくりたいものをつくれているかどうかは別です。

本当に自分がつくりたいパンをつくるための思考力があってこそ、

同時に、必要な行動力が生まれるのであり、

がむしゃらにがんばっても結果はついてきません。

体力が必要という意味では、体育会系の部分もある業界ですが、

経験の長さや勢いで美味しくなるようなものではありません。

自分の理想に向かうための正しいイメージなしに、

何年やろうとも理想に到達することはない。できた人がいるならば、

宝くじを当てるような確率で、偶然、行きついたようなもの。

「イマジネーションがすべて」と言っても過言ではないくらい大切です。

つくりたいパンがあれば、つくれる自分になれます。

シェフになりたければなれます。

お店を持ちたければ持てます。

すべては、なりたい自分が細部までイメージできているかです。

そのイメージに、行動、つまり、技術を追いつかせるために鍛練するのであり、

イメージなくして鍛練するほど上達するなんてことはなく、

そのできたと思っていることは、そもそも慣れでできる程度のことであり、

私が言っているのは、それを凌駕した領域のことです。

経験することでできるようになったのではなく、イメージに技術が追いつくために、

どれくらい時間がかかったかどうかの違いであり、それを結果として経験というだけです。

目的すらないか、目的に見合わない思考で10年やっている人に、

明確な目的とそこに導く手段を見出し実行できれば、短期間で追いつけます。

どれだけやったかではなく、何を考え、何をしたかです。

「イメージする」ということに慣れていない人には伝わりにくことも多く、

昨年も、そこが一番伝えきれなかったように思っています。

これさえできれば、どんなパンでもつくれるようになります。

どんな香り、どんな食感、どんな味、どんな口どけ、どんな余韻、

すべてイメージ通りにつくれるようになります。

できないと言う人は、正しく理解していないか、実行し続けていないか、

いずれにしても、信じていないということ。

それは、私を信じていないように見えて、自分自身を信じていないのだと思います。

「自分はできる」と。自分を信じていないのにできるわけがありません。



今回の講義・講習内容は、徹底的に素材の特性を論理的に解説する材料学、

製法によるメリット、デメリット、その微調整、操作方法。

イマジネーションによるパンづくりイメージトレーニング法など。

パンをつくり、パンを食べてもらいながら、実感していただける内容に致します。

よくある数種類のパンをつくり、レシピの説明をして終りというパン講習会ではありません。

理想のイメージから逆算して行動を決定する思考力を手に入れてしまえば、

レシピを手に入れるために本を見たり、講習会に参加する必要がない。

無限にレシピを白紙の状態から構築することができるのです。

思考法のおはなしが中心とはなりますが、パンを数種類つくります。

参加者に作業はなく(予定)デモのみとなりますが、

イメージするということ自体がイメージできない、という声がありましたので、

深い理解のためにも、視覚的な要素も取り入れたいと思います。

その分、ご参加いただける定員は少なくなりますが、

より充実した内容となることを確信しております。

手の感覚を研ぎ澄ます方法や集中力の高め方などもお伝えします。

パンの声が聴こえるようになります。

素材を活かし、自由にパンづくりができるようになれば、

素材をつくった人は嬉しい、それを流通させる人、運ぶ人も嬉しい、

使う我々も嬉しい、食べた人も嬉しい。

皆、幸せになれるではありませんか。

他を活かし、他に活かされる。

それが生きるということだと思います。



日程:9月1日(火)、9月7日(月)

時間:10:00〜17:00

場所:sens et sens http://sens.uan.jp

受付:8月11日 22:00〜
(詳細メールを受け取った方のみお申し込み可能となります。

もちろん、不参加であってもご連絡は必要ありません。)

2日間開催予定です。ご希望の方にご参加いただけます。

参加資格:パン店経営、パン店勤務、店舗の有無にかかわらずパンの販売店

プロの方限定で、販売されている方のみとさせていただきます。

お申し込み時は、明確な現在の勤務先や経営者は店舗名など、

お知らせいただきますので、可能な方に限らせていただきます。

資格があるかわからない方はお問い合わせください。

(パン教室主催や先生の方、その見習いの方などは別の内容で開催予定です。

近く詳細を告知致します。同じく9月開催予定。)

まず、講義・講習内容等、詳細をご希望の方はメールでご連絡くださいませ。

詳細メールを受け取らずにお申し込みはできませんので、ご理解ください。

詳細メール希望の時点では匿名でもかまいませんし、受け取るだけでかまいません。

「詳細メール希望」と書いてください。

逆に、なにかありましたら、現在の状況など書いていただいてかまいません。

件名は、「おはなしの会 パンのおはなし」としてください。

sens@sens.uan.jp

お待ちしております。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 パンのおはなし」パン教室限定 8/7更新




パン教室の先生を対象とするというのは、昨年から考えていた企画です。

昨年、パン講習会を行った際、たくさんの教室をされている方から

お申し込みがありました。その多さに驚きました。

今年は、プロ向けの内容に加え、パン教室ということで、

「伝える力」をテーマにした講義も行います。

伝えようとしたのと伝わったかどうかは違います。

伝えるために、どんな思考で何をするべきか。

わかりやすくお伝え致します。

正しい知識、深い理解があってこその説得力です。

徹底的にパンづくりの基本素材の材料学をやります。

覚えるのではなく理解するという意識を持ち、

材料学を専門書に書いてあるような単なる知識ではなく、

パンづくりに活かせる素材の性格として捉え、

素材同士の調和を図れるようになることが重要です。

また、質問コーナーを多めにして、日頃の疑問にお答え致します。

疑問や悩みを共有することで、質問者以外の方も

得られるものがあるのではないかとも思います。

人数が多い可能性もありますため、作業はございません。

デモは、部分的に生地の状態など見たほうがわかりやすいところはございますが、

詳細は検討中です。基本的に「〇〇パンのつくり方を学ぶ」

というものではありませんので、ご理解くださいませ。

特定のパンにしか興味のない方は参加されないようお願い致します。

どんなパンでもつくれるようになるので、レシピがいりません。

やることよりも、ご自身をマネジメントし、手段と目的を明確すること。

つくりたいパンをつくり、伝える力を身につけ、

「伝わるパン教室」に繋げるということが大切だと思います。

そうとはいえ、いろんなパンを食べながら学ぶ、

楽しい時間にしたいと思います。ご検討下さいませ。

以下、参考までにプロ向けの方のブログ記事です。

まずは、詳細メールを受け取ってください。

講義・講習内容の詳細、お申込み方法等、お知らせ致します。

詳細メールを受け取らずにお申し込みはできませんので、ご注意ください。

詳細メールを受け取ることと、お申込みいただけるかどうかは関係ありません。

お申し込みがない場合も連絡なしでかまいません。

「詳細メール希望 パン教室限定」とご記入ください。

プロ向けと間違えないように、必ず「パン教室」とつけてください。

匿名でもかまいません。

詳細メールとお申し込みいただけるかどうかは関係ありませんので、

お間違えのないようにお願い致します。

先にプロ向けの方の受付があるためお待ちいただきますが、必ず返信致しますので

しばらくお待ちくださいませ。

詳細メールの受付は、8月15日(土)までとさせていただきます。



日程:9月15日(火) 11:00〜18:00(予定)

場所:sens et sens http://sens.uan.jp

受付:8月17日(月)22:00〜

参加資格:パン教室の主催、先生、その見習いの方。

資格があるかわからない方は、メールでお問い合わせください。

ご検討の程、よろしくお願い致します。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業のこと」受付終了

追加で募集しておりました8月11日(火)のほうも、

満席となりましたので、受付を終了と致します。

お申込みいただきました方々、ありがとうございました。

まずは、7月27日、お待ちしております。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業のこと」受付について

参加希望者限定の情報で申し訳ございません。

すでにお申込みいただいている方には、メールを返信しました。

ご確認をお願い致します。



7月27日(月)、8月11日(火)に開催致します。

27日は定員オーバーしているため、8月11日(火)に追加で募集しております。

もう数人であれば参加可能です。

8月11日の開催に興味のある方は、おはなしの会の記事を読んでメールをください。

詳細をメールで送らせていただきます。

必ず受付完了メールを送りますので、お待ちくださいませ。

よろしくお願い致します。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業のこと」





「おはなしの会 独立・起業のこと」

現在、企画内容と日程の調整をしておりますが、

追加でお話したいことを書かせていただきます。

メールで詳細を連絡させていただくことにしており、

たくさんの方から連絡をいただいております。

詳細を連絡させていただくことは変わりませんが、

少々、変更させていただきます。

ブログ等でも詳細を告知する予定でしたが、メールをいただいた方のみに

企画・参加に関する詳細を送らせていただきます。

強い興味のある方は、今からでもメールをくださいませ。

過去のブログ記事をお読みいただきますようお願い致します。

ブログ記事1

ブログ記事2



自分であるからこそのお店をやりたい。

それは、自分が自分らしく生きるということ。

仕事は生活の大部分を占めています。

「仕事は仕事」と別にしたくても、そううまくは切り離せないものです。

仕事の充実は、人生の充実に確実に影響すると思います。

自分のお店が、自分以外の誰かがやっていてもいいということになれば、

大げさではなく、アイデンティティーの崩壊です。

自分が生まれ、今の自分があるのは、

それまでの先祖たちが、この世を、この地球を、この国を、この町を

守ってきてくれたからです。ここにいるのは奇跡の連続です。

今までに、この世にあったお店はすべて意味がある。

ひとつひとつがあってこそ、成り立ってきたのだと思います。

我々もこの文明を継承し、伝承するのです。

この世のため、他人のためにやることは、自分のためにやることです。

人の力なしに、自分だけでできることなどほとんどありません。

お店づくり、材料、機材、人材、お客さま、

すべて、人との関わりがあってこそのお店の存在・継続となる。

この世に生きるということは、他を活かし、他に活かされるということです。




企画内容は、

独立・起業に関する数字的なこと、全体の流れ、注意すべきこと、

お店の経営に関わる重要項目の傾向と対策。

お店を経営することは、自己のマネジメントにかかっています。

自分をよく知り、自分で自分を昇華させる方法など。




私は自己革命にチャレンジしています。

共闘するチャレンジャーをお待ちしております。

ご検討下さいませ。

よろしくお願い致します。







 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業」

詳細希望メールを、たくさんの方からいただいております。

ありがとうございます。

現在、日程等、検討中ですので、もうしばらくお待ちください。

6月中には確定させたいと思います。

早めに、「パン」「お菓子」のほうも告知させていただきます。

昨年、「パン」はやりましたが、内容をもっと凝縮させたいと思います。

「お菓子」は、ピンポイントで好みのレシピをつくる、

「ルセットづくりのためのルセット」をやります。

どちらも、プロの方限定となります。

よろしくお願い致します。





 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業」

以前から、告知していました「おはなしの会」。

「パン」「お菓子」「独立・起業」と3種に分け、この夏に開催したいと思います。

すべて、関連があることではありますが、「独立」のみ、

他ふたつとは、異質のものとなります。

理論や技術のこと以外の部分が多く含まれるからです。

精神は、どれにも当てはまりますが、特に、起業については、

自分と、その起業の対象(お客さま)となる人、両方のことを考えなければなりません。

お金がなくてもできませんし、能力がなくてもできません。

能力とは、知識・技術以外に、心と身体の健康状態も含まれます。

自分の精神をどのようにコントロールすればいいのか。

どうすればなりたい自分になれるのか。

また、始めるのはできても、継続ができなければ意味がありません。

人により、目的は違えど、必要な期間続けてこそ、その目的が達成されます。

そのために何が必要なのか?というお話をさせていただく会です。

当然、私は凡人ですから、それらをすべて達成しているということではありません。

しかし、私なりに、やってきたことを常に分析し、建設的に構築しています。

開業本に書いてあるような基本的な資金面のこともお話しますが、

そんなものでは得られない刺激的な内容にしたいと思います。

ここで、すべてを語るには長すぎますので、ご参加の検討をしていただける方は、

まず、メールをいただきたいと思います。

詳細が決まりましたら、直接、メールでお知らせ致します。

ブログ、ツイッターなどでも告知はしますが、確実に、細かい内容まで

お知らせするためには、メールをいただく方がよいと思っています。

今回は、「独立・起業」のおはなしの会限定のご連絡です。

対象となる条件を満たしている方のみ、お願い致します。

真剣な集いですので、ただ、内容を知りたいだけという方は、ご遠慮下さいませ。。

対象となるのは、何かしら自分のやりたいことで独立・起業したい方。

カフェ、パン屋が専門ですが、それ以外でも、検討致します。

飲食かどうかに関わらず、ものづくり全般、すべて、共通していると考えます。

お店をやるということでなくても、個人として、何かを確立したいという独立は、

十分に当てはまると思っています。

また、すでに、起業されている方で、より上にいきたい、

あるいは、思うようにいかないという方。

その他、対象となるかわからないという場合、ご相談くださいませ。

受付とは違いますが、興味のある方が少ない場合、必要とされていないと判断し、

開催しない場合もございます。受付ではありませんので、ご検討いただく材料として

いただければ、それでかまいません。

私は、パン屋時代に、とても苦しみました。なにかしら、自分がやってきたことが、

誰かの役に立てばという想いから、このような試みをしております。

つまり、「どうすれば、小さくても力強く、そこに立ち続けられるか。」

「どのように立ち続けたいか。」ということを考える集いです。



メールは、匿名でかまいません。もちろん、書いていただいてもいいです。

開催の曜日の希望がありましたら、教えていただけると助かります。参考にさせていただきます。

他にも、何かありましたら、書いていただく分にはかまいません。

件名を「おはなしの会」としてください。ご検討の程、よろしくお願い致します。

sens@sens.uan.jp







 
おはなしの会 - -
「おはなしの会 独立・起業」

お店というのは、少しの勇気と少しのお金があれば、誰でも始められます。

しかし、起業1年後には、約5割、10年後には、約8割が廃業すると言われています。

実際にありますよね。

「以前、〇〇屋さんだったところに、〇〇屋さんできたよね。」ということ。

さらに、そのうち行ってみようなんて思っていたら、行く前に閉店してたりする。

その他人から見ればひとつのお店は、やっていた人にしてみたら、

人生を懸けてチャレンジしていたのに、簡単になくなってしまうのだ。

簡単と言いましたが、それは他人から見ればのことで、実際、閉店は大変な作業です。

パン屋を閉店して、カフェを始めた私ですからわかりますが、

何年やろうと閉店は、とてもエネルギーがいること。つまり、始めるのも大変ですが、

(それは、まだ希望にあふれていて、大変だとは思わないかもしれないけれど)

終りにするのは、もっと大変だということ。経営難で閉店ともなれば最悪です。

内外装を解体・処分するのに、少なくても数十万円かかりますから、

お金ないから閉店するのにお金がかかるのです。

機材を売ろうと思っても、ほとんどお金になりません。

身体を壊して閉店するケーズも少なくない。

もう一度チャレンジできる状況にある人は、とても限られています。

こんなことにならぬよう、始める前からよく学び、

また、始めてからでも、早く適応することで防ぐことができます。

学ぶといのは、開業本を読むことではありません。

成功している人の真似をしても成功するとは限りません。

そもそも、人それぞれ、目的が違うのですから当然のことです。

自分の目的に合った手段を選択し、実行する。

それだけのことですが、それが上手くできないのが人間なのです。

手段と目的の不一致が起きたり、

気づかぬうちに手段にこだわってしまい、目的を見失う。

他人のことはよく見えても、自分のことは見えなくなるときがありますね。

やりたいことをやっているけれど、経営状況はよくないこともあれば、

経営状況はよくても、やりたいことはできていない。

それなりにやりたいことをやって、売れてはいるけれど、利益は出ていない。

どれも、不健全。

私がお伝えしたいのは、健全な経営の方法だけでなく、心の健全も大切にすること。

そうでなければ、お金があっても気力はなくなり、廃業してしまいます。

私はパン屋時代に、何度も閉店の危機がありました。何度も何度も考えました。

それでも9年は続けられ、9年間、店は成長し続け、

最後は、自分の意思で閉店を選びました。

自営業は、日々、壮絶な自己との闘いがあります。葛藤の連続です。

すべての権限があるからこそ、その葛藤が生まれ、苦しむのです。

お店を始めるのも、自分で決めることができますが、

お店をやめるのも、自分で決めなければなりません。

その覚悟を持ち、常に自己成長を促し、覚醒させ、

やりたいことをやり、店を維持、成長させていく。

そういう自分に、どうしたらなれるのか。

これから、独立・起業しようとする人は、いつからそう思っているのでしょうか?

「いつか」と言って、何年経ちましたか。

やるならやる。やらないならやらない。どちらかです。

早くやればいいわけでもなく、今がいいわけでもなく、それは人それぞれ。

ですが、タイミングを逃さないようにしなければなりません。

必ず、「今だな。」というときがあります。それは、単なる時期という意味ではなく、

そのとき、そう思える自分があるかということです。

自分を変えられるのは、自分だけです。私が変えることはできません。

でも、少しだけ、背中を押すことはできます。

「教わる」という受け身ではなく、「学び取る」という姿勢が重要です。

変わりたければ、変わりましょう。自分の力で。

そのための「気づき」が生まれる集いとなることを願っています。






 
おはなしの会 - -
| 1/1 |