痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
今日のひとこと

 

「季節のお菓子とお話の会」が迫っている。

 

 

私がお菓子をつくるということは、

 

素材の本能的センス、

 

つまり、素材がどうなりたいか、どうされたいかを感じ取り、

 

理性的センスを用いて形にするが、

 

私が私の本能的センスのみでつくれば、

(私がつくりたいものをつくると)

 

素材が泣くか、食べ手が泣く可能性が高まる。

 

どのような表現をするかの選択は、

 

食べ手である人間という生物の本能的センスを感じ取り、

 

そこに着地できるように理性的センスを発揮するということになる。

 

未知であるのは、個々で違うであろう好みというものだ。

 

参加者様の一部の好みを知っているだけに、

 

感情のある人間である私は、その情報との葛藤が生まれる。

 

こういう機会であるから、

 

意外性のある美味しさを狙おうとすることもないわけではない。

 

それは、素材の意外な一面を紹介したいという素材への愛か、

 

もしくは、ただの私の欲なのか。

 

いや、やはり、一周回って、王道で行くべきだ!

 

という素材の本能を真正面から剥き出しにした表現でいこうとする自分と

 

まだ、王道を覆すほどの未知な領域が隠れているのかもしれないと思い、

 

様々な調理や状態を試し、試作を食べすぎて気持ち悪くなっている自分。

 

食べないわけにはいかないが、全部、甘いから、

 

塩気が強めのお煎餅と交互に食べてしのぐ。

 

結果、お腹いっぱいで辛い。

 

さて、ここからどうする。

 

あと1日もある。

 

行くんだ!

 

前進あるのみ。

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

今日は、朝から発熱した。

 

閉店後、自分で熱を解除した。

 

 

 

 

 

「季節のお菓子とお話の会」のイメージをする。

 

いくつか見えているものがる。

 

まだ、いくつかの断片にすぎないが。

 

イメージの膨張を待つ。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

このブログを見ている知人が

 

足を怪我したというので治してきた。

 

20分くらいで痛みは抜けた。

 

痛みだけなら手だけで治る。

 

 

 

信じなくていい。

 

真実しか言わない人ですから。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
2018

 

 

 

 

 

新年おめでとうございます。

 

つくし野は、元旦らしくキリッと冷えて、

 

風も少なくとても穏やかな一日となりそうです。

 

お店も少ない町であるため、いつも以上に本当に静かになります。

 

この感じは、子供の頃の実家近辺と似ていて好きです。

 

 

今年も、食と感性の表現を通じて色々とチャレンジしていきたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

今日は、

 

「シュトレン 2017」ご予約の方が、無言キャンセル。

 

という事実だけお伝えしておく。

 

その方の心に平和が訪れますように。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

ここ数回、お食事のある日のサラダにつけている赤キャベツのマリネ。

 

以前とは違います。

 

オリーブオイルで蒸し焼きにして、

 

赤ワインビネガーをまわしかけて、しんなりするまで加熱。

 

フランスのぶどう果汁入りマスタードを混ぜて終わり。

 

温かいままでも美味しい。

 

お肉料理とこれでお酒飲みたい感じ。

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

毎年恒例ですが、

 

一切、忘年会というものに誘われない。笑

(忘年会以外も誘われないが)

 

誘われても行かない、行けないかもしれないのだけれど。

 

皆さんは、そういうのやってるんですかね。

 

忘年会という飲み会かどうかは別として、

 

一年を振り返る、というのを好きではないしやらない。

 

それが今年かどうかに興味がないから。

 

私に時間は関係ない。

 

どこかで区切るつもりがないのだ。

 

時間があると誰が証明したのですか?

 

ただの目安でしょう。

 

 

 

 

 

年末は、ネコでも撫でて、ぼーっとしますわ。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

2日間連続徹夜のダメージは大きいな。

 

早朝から当日の仕込みをして営業、営業後に夜から朝まで仕込み、

 

朝から当日の仕込みをして営業、営業後に夜から朝まで仕込み、

 

当日の仕込みをして営業、営業後に片付けをして寝たのは4時。

 

つまり、ほぼ3日間だな。

 

そりゃキツイわ。笑

 

そうでもしないと2日連続営業で、

 

シュトレンもお渡しすることはできなかったし、想定内である。

 

できれば、避けたかったが。

 

9日に向けて、すでに「シュトレン 2017」を100本、制作した。

 

明日はアレか。

 

結局、私は、パン屋の頃と変わらないんだな。

 

自然と限界を更新して全力を出してしまう。

 

カフェになれば少しは楽できるかな、なんて思ったのは間違いで、

 

業態ではなく、自分を変えないと変わらないのだ。

 

では、変えるとしよう。

 

では、お店もそろそろ...

 

 

 

 

 

寝ます。

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

今日のひとことを

ひとことで表すならば

「寝たい。」

寝たい以外に何もない。

今から、シュトレン 包む。



今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

昨日、今日と制作作業に追われている。

 

 

 

 

偶然、目にしたが、未だに、

 

「ゴディバ」が一流のチョコレートメーカーだと思っている人がいるんだね。

 

昔は、もっと美味しかったよ。

 

でも、ふと気づいた時には美味しくなくなっていた。

 

「ゴディバ」が嫌いなのではなく、

 

ブランド力に任せて、コソコソ品質を下げているのが嫌いなだけ。

 

政治と同じ。

 

安倍首相が嫌いなのではなく、今の自民党の政治が嫌い。

 

しかし、選択肢がないと判断して、

 

やむなく、自民党を支持するという人がいるのも理解できる。

 

関係ないけれど、先日の選挙の「希望の党」だった小池さんの発言

 

「排除する」の何がいけなかったのかわからない。排除して当然だと思う。

 

排除でも、除外させていただくでも、お断りするでも同じ。

 

外された人は不機嫌に決まってる。

 

政策が違うのに同じ党?それの方が意味不明。

 

選挙に勝つために希望の党に入ろうとしたのだから、

 

政策を一致させないのであれば排除。当然。

 

同じ党なのに考えが違う人がいるから後でおかしくなるのでしょう。

 

我々、国民に影響があるのは、政治の方向性ではなく政策です。

 

希望の党が負けたのは、小池さんが出馬しなかったことで

(都政、都政と言ったからには出馬しても問題はあるが)

 

もし、勝った場合のビジョンを示せなかったことだと思う。

 

勝って、誰が首相やるの?どうやって公約の政策を実現するの?

 

つじつまが合っていないから負けた。

 

女性らしいなと思った。

 

都民ファーストの勢いで勝てるという感情先行。

 

逆に、男性議員は、勝つための計算ばかりしていて、現実的な国民のための思考がない。

 

どちらもダメ。

 

勝てない予想が強くなった時から、

 

「小池さんの発言のせいで負ける」と言い出した男性議員の情けないこと。

 

実力があれば、党首関係なく勝てるはずだ。

 

その地区で自分の考えを知ってもらうことを上手くできない自分への不満を

 

党首のせいにしただけ。

 

さて、文句はこのくらいにして、

 

つじつまの合う、ビジョンのある構築力を駆使して

 

発酵菓子に命を吹き込むとしよう。

 

生と死が混在する瀬戸際の世界で。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

ちなみに、

昨日の話の殴り合った彼とは、

試合後に控え室で笑顔で挨拶した。

泡吹いてタンカで運ばれてしまったため

リング上では挨拶できなかった。

試合が終われば仲間みたいなもの。

同じ恐怖を背負ってリングに上がった同士。

本気でなければ輝けない。

勝ち負けより大事なこと。



今日のひとこと - -
| 1/22 | >>