痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
2月・3月の営業日程

 

現在の営業は完全予約制とフリーに分かれています。

 

完全予約制の日は、「お食事+スイーツ」、

 

フリーの日は「スイーツ限定」、

(軽食がある場合がございます)

 

フリーの日の方が、スイーツの種類、内容も充実します。

 

フリーの日は、お一人でのご利用をお願いしています。

 

完全予約制の日、フリーの日のオープン時のご予約は、

 

2名様でもご利用いただけます。

 

ご予約の場合、日にち別で別記事にてご予約受付の告知をしています。

 

必ず、この記事とは別で営業内容、受付の記事を載せますので

 

そちらをご覧くださいませ。

 

全て、ひとりでやっています。

 

一つ一つ、気力を注いでおつくり致します。

 

お時間かかりますことご理解いただける

 

心と時間にゆとりのある方のみお願い致します。

 

以下の営業日以外は休業となります。

 

以下の日程は予定にすぎず、変更となる場合もございます。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

<2月>

 

 

3日(土)カフェ営業(軽食&スイーツ)

 

4日(日)カフェ営業(軽食&スイーツ)

 

8日(木)カフェ営業(お食事&スイーツ 完全予約制)

 

10日(土)カフェ営業(お食事&スイーツ 完全予約制)

 

 

14日(水)カフェ営業(スイーツ限定)

 

15日(木)カフェ営業(スイーツ限定)

 

20日(火)カフェ営業(お食事&スイーツ 完全予約制)

 

21〜23日は、「季節のお菓子とお話の会」準備のため休業

 

 

24日(土)〜26日(月)

 

「季節のお菓子とお話の会」

 

季節のお菓子と珈琲の会から改め、「お話の会」とさせていただきます。

 

今後、珈琲以外もお出しするかもしれません。

 

 

28日(水)カフェ営業(お食事&スイーツ 完全予約制)

 

 

 

 

<3月>

 

3日(土)カフェ営業

 

4日(日)心のワークショップ「センスの哲学」 受付中

 

7日(水)カフェ営業

 

 

お店のこと - -
季節のお菓子とお話の会 冬

 

ようやく、明日の仕込みは終わりました。

 

朝から、また、焼き始めます。

 

 

昨日、余計なことを言いまして、

 

「ミルクティー」をおつくりしようと思ったのですが、

 

初日、1回目に時間が足りずできませんでしたので、

 

全ての会にて中止とします。すみません。

 

納得の行くところまで仕上がったのですが、

 

作業上の問題で、カフェでは出せそうにありません。

 

いつか、何かでご賞味いただければと思います。

 

が、それがいつなのか。

 

まあ、ミルクティーを日頃飲んでいない人のつくるミルクティーですから

 

どうしてもというほどのことではないのですがね。

 

「冬」とは言いつつも、

 

5周年記念パーティー開催により、ひと月ほど遅れましたの、やや春ですね。

 

でも、まだまだ寒いですし、使うものは冬を意識しています。

 

 

では、2日目も、よき会となりますように。

 

 

 

季節のお菓子とお話の会 - -
季節のお菓子とお話の会 冬

 

明日から3日間は、

 

「季節のお菓子とお話の会」開催のため、カフェはお休みとなります。

 

参加者様は、電車の遅延情報などにも気をつけて

 

遅れないようにお願い致します。

 

今日の夕方、ようやく、メニューが確定し、仕込み続けています。

 

緊急でメニュー変更もあり得ますので、

 

会ごとに少しだけ変わるかもしれません。

 

コーヒー以外もお飲み物をお出しするかもしれないと言っていましたが、

 

この会では、初登場の「ミルクティー」をおつくりします。

 

どこのお店でも、

 

ミルクティーを注文したことがない私がつくったミルクティーです。笑

 

スイーツは、苺の様々な表現が多くなります。

 

まだ、仕込みが続きます。

 

当日、お愉しみいただけるように全力を尽くします。

 

では、明日、お待ちしております。

 

 

季節のお菓子とお話の会 - -
今日のひとこと

 

「季節のお菓子とお話の会」が迫っている。

 

 

私がお菓子をつくるということは、

 

素材の本能的センス、

 

つまり、素材がどうなりたいか、どうされたいかを感じ取り、

 

理性的センスを用いて形にするが、

 

私が私の本能的センスのみでつくれば、

(私がつくりたいものをつくると)

 

素材が泣くか、食べ手が泣く可能性が高まる。

 

どのような表現をするかの選択は、

 

食べ手である人間という生物の本能的センスを感じ取り、

 

そこに着地できるように理性的センスを発揮するということになる。

 

未知であるのは、個々で違うであろう好みというものだ。

 

参加者様の一部の好みを知っているだけに、

 

感情のある人間である私は、その情報との葛藤が生まれる。

 

こういう機会であるから、

 

意外性のある美味しさを狙おうとすることもないわけではない。

 

それは、素材の意外な一面を紹介したいという素材への愛か、

 

もしくは、ただの私の欲なのか。

 

いや、やはり、一周回って、王道で行くべきだ!

 

という素材の本能を真正面から剥き出しにした表現でいこうとする自分と

 

まだ、王道を覆すほどの未知な領域が隠れているのかもしれないと思い、

 

様々な調理や状態を試し、試作を食べすぎて気持ち悪くなっている自分。

 

食べないわけにはいかないが、全部、甘いから、

 

塩気が強めのお煎餅と交互に食べてしのぐ。

 

結果、お腹いっぱいで辛い。

 

さて、ここからどうする。

 

あと1日もある。

 

行くんだ!

 

前進あるのみ。

 

 

 

今日のひとこと - -
センスの哲学

 

今、全ての方に返信をさせていただきました。

 

ご確認、確認の返信をお願い致します。

 

 

 

私も、センスを哲学してきた、などという意識はなく、

 

昨年、新潟の「ツバメコーヒー」さんとのやり取りの中で、

 

それについて話をまとめてみようということになったからなのですが、

 

つまりは、自分の人生について考えることを活かして、

 

誰の人生にも活かせること、

 

すなわち、センスの哲学ができればよいのではないかと思いました。

 

私の経験論をするのではありません。

 

経験から入るのは、むしろ、好きではないくらいです。

 

ただ、私の場合、極端な経験をしていることと、

 

それは、あくまで、1つの事例であるが、

 

その事象を分析することで見えてくるものがある、

 

という意味では、自分の話をすることもあると思います。

 

昨年「センスとは何か?」と聞かれた時、

 

「本能的感覚」と答えました。今もそう思いますが、

 

それを正確に捉えるためには「理性的感覚」

 

つまり、「理性的センス」を理解しなければならないということです。

 

曖昧なようで曖昧ではありません。

 

結果、センスにより出てくるものが曖昧なだけで、センスは曖昧ではない。

 

 

 

 

現在、23名となりました。

 

もう数人、お入りいただけますので、受付は継続します。

 

センスのある人は、

 

今、自分に必要なことは何か?に気づくことができる。

 

 

 

ワークショップ - -
28日のご予約について

 

受付は終了致しました。

 

昼間に受付完了メールを返信させていただきました。

 

メールを確認した時点でご返信ください。1分でできます。

 

最近、確認の返信がない方が増えています。

 

お願い致します。

 

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

 

今日は、朝から発熱した。

 

閉店後、自分で熱を解除した。

 

 

 

 

 

「季節のお菓子とお話の会」のイメージをする。

 

いくつか見えているものがる。

 

まだ、いくつかの断片にすぎないが。

 

イメージの膨張を待つ。

 

 

 

 

今日のひとこと - -
お知らせ

 

「センスの哲学」にお申し込みいただきました皆様、

 

21日から受付完了メールを返信させていただきます。

 

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

受付は継続しています。

 

 

 

 

2月28日のご予約は、まだ、集計できていません。

 

21日から集計して空いている時間を告知致します。

 

受付は継続していますので、告知がなくてもお申し込みください。

 

ご希望の時間が埋まっていた場合はご容赦ください。

 

今後、完全予約制のお食事の日は少なくなると思います。

 

あくまで、ご来店いただいた際にお席がご用意できず、

 

お待たせしてしまうと申し訳ないので、

 

予約制を始めたのであり、当店がそうしたいということではありません。

 

予約制の場合、当日にご予定が空いている方にお入りいただけない

 

ということになりますので、「空いているのに予約制」は不可能なのです。

 

お客様には無関係ですが、

 

予約制の日の準備、営業は、私には過酷な日です。

 

前日、一日かけて仕込み、準備をします。

 

当日、6時から12時まで当日の準備(6時間)、

 

12時から21時までカフェ営業(9時間)、

 

閉店後、片付け(2、3時間)

 

18時間、止まれません。

 

空いていても混んでいても、準備はそれほど変わりませんので、

 

リスクが高いシステムとなります。

 

キャンセル不可でもキャンセルはあります。

 

もしかしたら、今後は不便な日が増えるかもしれません。

 

努力は致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

 

お店のこと - -
「センスの哲学」17日21時から受付開始

 

3月4日(日)開催の心のワークショップ

 

「センスの哲学」

 

昨年、夏に新潟の「ツバメコーヒー」さんで行われた

 

私がゲストとして参加させていただいたトークイベントの内容を

 

当店でもやることに致しました。

 

何人かの方に、こっちでもやってほしいというご要望いただいていました。

 

センスという曖昧なイメージの言葉ですが、

 

センスを「本能的センス」と「理性的センス」に分類し、

 

それぞれをどのように捉え、

 

いつ、どのように使っているのか、

 

よりよくするためにはどうすれば良いのか。

 

わかりやすくお話したいと思います。

 

これを知ることにより、あらゆる場面で、

 

自分にとって適切な判断ができるようになると思います。

 

悩まないですし、迷っても余計な時間を使わずに答えが出るようになります。

 

一昨年、「思考力の育て方」と「感性の磨き方」というのをやりました。

 

これは、2つの道具のようなものだと思ってください。

 

今回のお話は、この2つをより有効に使うために指示を出す脳の中を

 

整理することのようなものだと思います。

 

道具を持っていても使い方がわからないのでは勿体無いです。

 

(もちろん、一昨年のワークの参加していなくても問題ありません。)

 

自分で自分の心を満たせる生き方と、自分だけではなく、

 

人に認めてもらえたり、物事を良い結果になるようにすること、

 

その両方をうまくできるようにするためのお話です。

 

料理で言えば、

 

自分の好きなものをつくることと

 

人に喜んでもらえるものをつくることの違いです。

 

両方を満たすのは難しいものですね。

 

 

 

他者評価や数字で表すような結果を関係なく

 

本当の自分の感性で選択する能力を「本能的センス」

 

自分の思うように何かをしたり、

 

他者評価を得たりする能力を「理性的センス」

 

両方を上手に使うことで人生の舵取りができるようになります。

 

何がしたいのかもわからず、

 

何をしていいのかもわからず、

 

全てがうまくいかなかった私が、

 

本当にやりたいことを見出し、

 

それなりに思うようにできるようになったのは

 

これを理解し、実践したからです。

 

何の本を読んだわけでもなく、自分の中で構築したお話です。

 

ぜひ、みなさんとも共有したいものです。

 

 

 

 

 

 

3月4日(日) 14:00 - 17:00

 

全てが終わるのが17時とさせていただきます。

 

参加費:3000円(税込)

 

定員:30名

 

センスのある焼き菓子をお出しします。コーヒー付き。

 

受付は、2月17日(土)21:00〜

 

参加人数に関わらず開催致します。

 

混むようなことはないと思いますが、椅子の数に限りがございますので、

 

ご興味ありましたら早めにお申し込みくださいませ。

 

きっと、人生の役に立つと思います。

 

ご検討くださいませ。

 

 

 

 

<お申し込み>

 

メールの件名は、必ず「センスの哲学」としてください。

 

記入事項は、

 

1.お名前

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.「センス」について、何か思うことなどありましたらご記入くださいませ。

 

 

 

 

お申し込み状況はブログでお伝え致します。

 

返信は、すべての方に送らせていただきます。

 

返信完了をブログで告知致します。ご確認くださいませ。

 

受付完了メールの場合は、必ず受け取り確認のメールをご返信ください。

 

それ以外の方はご返信不要です。

 

返信がない場合、サーバーのトラブル等が考えられます。

 

お手数ですが、再度、ご連絡くださいませ。

 

ご予約メールは、以下の専用のアドレスとなります。

 

担当:菅井悟郎(店主)

 

work@sensetsens.jp

 

お申し込み、お待ちしております。

 

 

 

ワークショップ - -
カフェのご予約受付

 

受付は終了致しました。

 

 

 

お食事、スイーツ、コーヒー、

 

ここにしかない時空とエネルギー、

 

ご自身の感性にゆだねる時間をお愉しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェのご予約の受付を行わせていただきます。

 

日程:2月28日(水)

 

12:00 - 21:00

(L.O 20:30 ドリンクのみ)

 

 

 

 

店主一人での営業となります。

 

お時間と心にゆとりのある方のみお願い致します。

 

必ず、ホームページ「カフェのルール」を熟読ください。

 

当店のコンセプト等、ご理解いただける方のみご利用いただけます。

 

 

今回は完全予約制となります。

 

12時より時間ごとに最大4名様ずつご入店いただきます。

 

ゆったりと「sens et sens」の空間をお楽しみいただけます。

 

基本、1名様のご利用をお勧め致します。

 

2名様も場合により可能と判断しておりますが、

 

各時間帯、トータル4名様しか受付できませんので

 

抽選は不利になります。

 

予約制のため、

 

ご利用は1組様2時間30分までとさせていただきます。

 

追加オーダーは2時間30以内に間に合わない場合

 

お断りさせていただくことがございます。早めにお願い致します。

 

18時ご入店の方は21時までご利用いただけます。

 

また、ご予約が埋まっていない場合は、2時間半を過ぎても構いませんので

 

席が空いている場合は気になさらず、ごゆっくりどうぞ。

 

ご予約時間に必ずお席は確保しておりますが、皆様のご注文内容により、

 

ご予約時間でも、すぐにご用意できない場合もございます。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

メニューは、

 

 

A.「パルマ産生ハムとグリュイエールチーズのリュスティックサンド」

 

パルマ産生ハム(18ヶ月熟成)、カルピスバター、グリュイエールチーズ。

 

スペシャリテ。バターが冷たいうちがベストな味です。

 

必ず、一口目だけはお早めにお召し上がりくださいませ。

 

素材を知る作り手と素材を尊重してください。

 

 

 

B.「スモークサーモンのカンパーニュサンド」

 

クリームチーズ(サワークリーム含む)、スモークサーモン、

 

有機玉ねぎのディルマリネ、ケイパー

 

臭みも脂身も少ないサーモンです。

 

カンパーニュの麦と酵母の甘みが魅力です。

 

 

 

C.「ツナとゴーダチーズのカンパーニュホットサンド」

 

ツナ、オリーブ、有機玉ねぎ、トマト、松田のマヨネーズ、

 

有機オリーブオイル使用。

 

カリッカリに焼きます。

 

 

 

 

各種950円(税込)

 

ご予約の条件は、

 

上記のお食事のプレート、1ドリンクとなります。

 

スイーツは数種類ご用意致します。

 

お召し上がりになる方は、当日、ご注文くださいませ。

 

 

 

 

 

 

<ご予約方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「○日の予約」としてください。(件名未記入は無効)

 

 

 

記入事項を以下の番号順にご記入ください。

 

記入事項は、

 

1.お名前

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.ご希望の時間帯

(最大3つまで希望可、必ず優先順位をつけてください。

何時でも可というのは不可。)

 

12時ご希望の方が多いため、12時しかご希望がない場合、

 

お入りいただけない確率が高くなります。

 

ご予約可能時間:

 

12:00  13:30  15:00  16:30  18:00  19:00

 

 

5.お食事メニューの選択(A、B、C)

 

6.ご来店ご希望のきっかけや理由等、現在の感情、

 

何かしらコメントをお願い致します。

 

初めての方はそのようにご記入ください。

 

 

 

 

 

受付は、

 

2月19日(月)22:00〜

 

一日のご予約数が12名以下の場合、

 

フリーの営業に変更させていただきます。

 

1分でもフライングは失格となります。

 

フライングした場合、自ら、

 

フライングしてしまったという連絡をして取り消してください。

 

送信後にご自身の送信履歴をご確認ください。

 

複数回、メールを送ることのないようにお願い致します。

 

2度以上送る場合、必ず理由をご記入ください。

 

基本、先着順と致しますが、

 

オーバーした場合、各時間帯で抽選となります。

 

私は人間ですから、

 

人と人のやりとりとは思えないようなメール、

 

記入事項の不備は先着に関わらず除外させていただきます。

 

各時間帯数名ずつとなりますので、

 

満席の場合、ご希望に添えないこともございます。

 

ご容赦くださいませ。

 

ご注文いただきましたお客様のご希望が極端に偏った場合、

 

メニューもご希望に添えない場合がございます。相談させていただきます。

 

完全予約制です。キャンセルはないようにお願い致します。

 

ご予約状況はブログでお伝え致します。

 

返信は、すべての方に送らせていただきます。

 

返信完了をブログで告知致します。ご確認くださいませ。

 

受付できた方は、必ず受け取り確認のメールをご返信ください。

 

確認のためのメールですので、できるだけ早くお願い致します。

 

ブログの告知もなく、こちらから返信がない場合、

 

サーバーのトラブル等が考えられます。

 

お手数ですが、再度、ご連絡くださいませ。

 

ご予約メールは、以下の専用のアドレスとなります。

 

担当:菅井悟郎(店主)

 

sensetsens.yoyaku@gmail.com

 

ご予約、お待ちしております。

 

 

 

お店のこと - -
| 1/91 | >>