痛くて痛くてたまらない真実にどっぷり浸かる。
最後の最期まであがく覚悟。
そんな「生き抜く」という貫く美学。
「センスの哲学・センスの正体」

 

 

 

 

 

彼との出会いはツイッター

 

そして、

 

ツイッターでのやり取りの中から生まれたトークイベントが実現する。

 

「彼」とは、新潟のカフェ「ツバメコーヒー」の店主・田中さん。

 

知的、深く鋭利な思考力と探究心のある人だ。

 

私と似ているところがあるし、全く違うモノサシでモノを見たりもする。

 

そう、センス(潜在的感覚・本能的感覚)が違うのだ。

 

この世界に全く同じセンスを持つ人はいない。

 

違いがある。違いを認めて尊重し、違いを楽しむことが大切。

 

そんな全員が違うセンスというものは何なのか?

 

生まれ持ったセンスは少しも変えられないものなのか?

 

それとも、変えられるのか?

 

「センスがある・ない」「センスが良い・悪い」とは何を示すか?

 

平凡、非凡、天才。センスがどうなっているの?

 

あなたの人生における、あらゆる選択は、本当にあなたのセンスによるものなのか?

 

他人のセンスに影響を受けていないか?

 

偶然にも、「sens et sens」

(フランス語読みでサンス・エ・サンス(感性と感性の意))

 

英語で言う「センスとセンス」なんて、

 

知ったかぶった店名を持つ店の店主である私が、センスについてお話させていただきます。

 

センスは理論ではない。

 

感性、感覚という目に見えないものである。

 

簡単に言えば理屈抜きで「感じること」。

 

後から、その判断を論理思考することはできても、

 

先に結果を出すための理性的な判断をしてしまったら、

 

それは何らかの他人の評価を得るために他人のモノサシに合わせた判断となるだろう。

 

それが悪いとは言わない。

 

しかし、それが幸福か。

 

本当に求めているものはそれなのか?

 

あなたは、あなたらしくいられるか。

 

あなたは、あなたのセンスを本当に知っているのか?

 

あなたは、あなただからこそのセンスで生きているか?生き続けられるか?

 

潜在意識にアクセスし、

 

本当の自分と対話をしてこそ、真の幸福と出会えるであろう。

 

 

 

 

 

 

 

日時:7月9日(日)  

 

14:00 - 17:00(トーク・質疑応答)

 

場所:ツバメコーヒー

 

参加費:2500円(税込)(ツバメコーヒーのコーヒー、sens et sensの焼き菓子付き)

 

定員:20名(すでに半分くらい埋まっているみたい)

 

(生きているだけで全員、自己表現をしているわけですが、

 

より「表現」を意識するあらゆる「表現者」にはお勧めです。)

 

お申し込み方法:ツバメコーヒーさんのメールのみ

 

件名は「センストーク」でお願い致します。 

 

tsubamecoffee@gmail.com

 

 

 

食べたり飲んだりしながら、

 

楽しく、面白く、多くの固有のセンスと触れ合えることを望む。

 

 

 

イベント - -
お知らせ

 

受付状況です。

 

6月27日(火)のカフェのご予約について。

 

以下の時間帯は空きがございます。

 

15:00     16:30     18:00

 

時間差で埋まった場合は申し訳ございません。

 

 

 

 

 

「季節のお菓子と珈琲の会」受付について。

 

6日のみ空きがございます。

 

6日希望の方は全員、受付できています。

 

8日は、大幅にオーバーしています。11日もオーバーです。

 

できる限り、ご返信を急ぎます。

 

 

 

 

お店のこと - -
カフェのご予約受付 6月24日21時受付開始 更新しました!

 

カフェのご予約の受付を行わせていただきます。

 

6月27日(火)

 

12:00 - 21:00

(L.O 20:30 ドリンクのみ)

 

 

 

 

店主一人での営業となります。

 

お時間と心にゆとりのある方のみお願い致します。

 

必ず、ホームページ「カフェのルール」を熟読ください。

 

当店のコンセプト等、ご理解いただける方のみご検討くださいませ。

 

 

今回は完全予約制となります。

 

12時より時間ごとに数名ずつご入店いただきます。

 

ゆったりと「sens et sens」の空間をお楽しみいただけます。

 

基本、1名様のご利用をお勧め致します。

 

2名様も時間帯により可能と判断しておりますが、

 

各時間帯、トータルで3名、4名しか受付できませんので

 

抽選は少し不利になります。

 

同じ時間帯に2名様が2組ということはできませんし、

 

1日での組数に制限をさせていただきます。

 

予約制のため、

 

ご利用は1組様2時間30分までとさせていただきます。

 

追加オーダーは2時間30以内に間に合わない場合

 

お断りさせていただくことがございます。

 

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

メニューは、

 

 

A.「パルマ産生ハムとグリュイエールチーズのリュスティックサンド」

 

パルマ産生ハム(18ヶ月熟成)、カルピスバター、グリュイエールチーズ。

 

スペシャリテ。

 

 

B.「ペッパーハムのカンパーニュサンド」

 

ペッパーハム、カルピスバター

 

フランス・ノルマンディー産カマンベールチーズ、

 

自家製セミドライトマト。

 

 

C.「スモークサーモンのカンパーニュサンド」

 

クリームチーズ(サワークリーム)、スモークサーモン、

 

玉ねぎのディルマリネ、ケイパー

 

 

上記のサンド+以下のものがつく「サンス・プレート」(¥1200 税込)となります。

 

いろいろ野菜とクスクスのタブレ(少しスパイシーなデリ)

 

現在の野菜は、ズッキーニ、人参、パプリカ、玉ねぎ、プチトマト。

 

有機野菜のミックスサラダ。

 

 

 

通常通り1ドリンク制となります。

 

ドリンクの追加オーダーは、各種100円引きとなります。

 

 

 

 

 

 

追加限定で「レモネード」ご注文いただけます。

 

「レモネード」のみというのは不可です。申し訳ございません。

 

夏限定「エチオピアのアイスコーヒー」も登場!

 

 

スイーツは、数種おつくり致します。

 

ご注文いただかなくても構いません。

 

 

 

 

 

<ご予約方法>

 

メールのみの受付とさせていただきます。

 

件名を必ず「○日の予約」としてください。

 

記入事項をコピーしてご記入ください。

 

記入事項は、

 

1.お名前

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.ご希望の時間帯

(最大3つまで希望可、必ず優先順位をつけてください。

何時でも可というのは不可)

 

ご予約可能時間:

 

12:00  13:30  15:00  16:30 18:00  19:00

 

 

 

19時の方は、その後はありませんので、

 

19時30分くらいまでのご入店でしたら可能です。

 

そのようにご記入ください。

 

2名様の場合は、「2名」とご記入くださいませ。

 

お二人ともお名前をお願い致します。

 

 

5.お食事(A、B、C)のご希望をご記入くださいませ。

 

ご予約いただきましたお客様のご希望が極端に偏った場合、

 

ご希望に添えない場合がございます。相談させていただきます。

 

完全予約制です。キャンセルはないようにお願い致します。

 

 

6.ご来店ご希望のきっかけや理由等、

 

当店に関するコメントをお願い致します。

 

初めての方はそのようにご記入ください。

 

 

 

 

 

受付は、

 

6月24日(土)21:00〜

 

1分でもフライングは失格となります。

 

複数回、メールを送ることのないようにお願い致します。

 

2度以上、送る場合、必ず理由をご記入ください。

 

基本、先着順と致しますが、

 

オーバーした場合、各時間帯で抽選となります。

 

私は人間ですから、

 

人と人のやりとりとは思えないようなメールは除外させていただきます。

 

記入事項の不備も同様となります。

 

各時間帯数名ずつとなりますので、

 

満席の場合、ご希望に添えないこともございます。

 

ご容赦くださいませ。

 

ご予約状況はブログでお伝え致します。

 

返信は、すべての方に送らせていただきます。

 

返信完了をブログで告知致します。ご確認くださいませ。

 

必ず受け取り確認のメールをご返信ください。

 

返信がない場合、サーバーのトラブル等が考えられます。

 

お手数ですが、再度、ご連絡くださいませ。

 

ご予約メールは、以下の専用のアドレスとなります。

 

担当:菅井悟郎(店主)

 

sensetsens.yoyaku@gmail.com

 

ご予約、お待ちしております。

 

 

 

お店のこと - -
6月・7月の営業日程

 

現在の営業は(ほぼ)予約制となっております。

 

日にち別で別記事にてご予約受付の告知をしています。

 

現在はメールのみの受付となります。

 

必ず、この記事とは別で営業内容、受付の記事を載せます。

 

受付の告知がないにもかかわらずメールをいただくことが

 

増えていますが、全て無効となります。

 

ひとりでやっており、一つ一つ、気力を注いでおつくり致します。

 

お時間かかりますことご理解いただける

 

心と時間にゆとりのある方のみお願い致します。

 

ご予約制ではない営業はそのように記載しています。

 

定休日制度は廃止し、不定休となりました。

 

以下の営業日以外は休業となります。

 

 

 

 

<6月>

 

8日(木)、10日(土)、12日(月)

 

「サンスとトコロでセンスなトコロ 2」

 

別記事で詳細をご確認ください。

 

 

17日(土)カフェ営業(お食事+スイーツ)予約制

 

19日(月)カフェ営業(お食事+スイーツ)予約制

 

受付は17日(土)21:00〜

 

 

24日(土)カフェ営業 予約制

 

27日(火)カフェ営業 予約制

 

29日(木)カフェ営業

 

 

 

 

<7月>

 

カフェの営業日は未定です。

 

 

7月6日(木)、8日(土)、11日(火)

 

「季節のお菓子とコーヒーの会」

 

完全予約制で一日2回開催致します。

 

 

9日(日)「センスの哲学・センスの正体」

 

新潟県の「ツバメコーヒー」さんでトークイベントを行います。

 

「ツバメコーヒー」さんのコーヒーと「sens et sens」の焼き菓子を

 

食べながらお話をさせていただきます。

 

ツバメコーヒーさんにてメールで受付中です。

 

 

15日(土)「tocoro cafeとtalk no.4」

 

「tocoro cafeと菅井悟郎」お話会

 

詳細、受付は「tocoro cafe」さんです。

 

 

 

お店のこと - -
「季節のお菓子と珈琲の会」

 

 

 

 

 


季節の素材を活かしたお菓子やスイーツと

 

6種類(各約30〜35cc予定)のコーヒーを愉しむ会を開催致します。

 

目の前でコーヒーを淹れさせていただきます。

 

お菓子やコーヒーのお話をしながら

 

「今だからこそ」という時を愉しむ集い。

 

「コーヒーとお菓子とお話の会」を変化させて、

 

ぎゅっと凝縮させたような会になる予感です。

 

旬のフルーツなどを使用したお菓子や

 

その瞬間を意識したからこそ感じられる美味しさ。

 

その時期、その日、一期一会のコーヒーをお愉しみいただきます。

 

(写真と当日の内容は関係ありません。)

 

 

 

 

 

 

開催日:7月6日(木)、8日(土)、11日(火)

 

時間:1回目 11:30 - 14:00 2回目 15:00 - 17:30(2.5h)

 

定員:6名

 

参加費:5000円(税込)

 

 

 

少人数制で、6名様の為に準備をさせていただきます。

 

キャンセルは受け付けられません。

 

カフェの予約で「いたずらで予約をして実際には来ない」ということが数回起きています。

 

そういう可哀想な人間を相手にしなければいけないため、

 

申し訳ありませんが今回は先払いとさせていただきます。

 

ゆうちょ銀行の口座をお伝え致しますのでご入金くださいませ。

 

期日までに入金が確認されない場合はキャンセルとなります。

 

基本、1名様でお願い致します。2名様もお受けしたいと思いますが、

 

6名枠ですのでお入りいただけない可能性は高くなります。

 

また、2名であってもお話ししながらお召し上がりいただくような会ではありませんので、

 

お一人であれば参加しないという方はご遠慮ください。

 

持ち帰り、写真撮影不可。

 

コーヒーが苦手でも、いろいろ飲んでみたいという方はそのようにお伝え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

<お申し込み方法>

 

必ず件名は「季節のお菓子と珈琲の会」としてください。

 

記入事項は、

 

1.お名前

 

2.当日も連絡の取れる連絡先

 

3.お住まい(例:つくし野)

 

4.日にち 1回目or 2回目

(両方可能な場合はご希望の優先順位をご記入ください。

どちらでも可能な場合はそのようにご記入くださいませ。)

 

5.参加ご希望の理由等、

 

何かしら当店に関するコメントをお願い致します。

 

初めてご来店の方はそのようにご記入ください。

 

 

 

 

 

受付は、

 

6月22日(木)21:00〜

 

 

<注意事項>

 

1分でもフライングは失格となります。

(こちらからフライングのお知らせはできません。)

 

複数回、メールを送ることのないようにお願い致します。

 

2度以上、送る場合、必ず理由をご記入ください。

 

基本、先着順と致しますが、

 

オーバーした場合、各回で抽選となります。

 

私は人間ですから、

 

人と人のやりとりとは思えないようなメールは除外させていただきます。

 

記入事項の不備も同様となります。

 

記入事項をコピーして数字のついた状態で回答のみをご記入ください。

 

各6名ずつとなりますので、満席の場合、ご希望に添えないこともございます。

 

ご了承ください。

 

ご予約状況はブログでお伝え致します。

 

返信は、すべての方に送らせていただきます。

 

返信完了をブログで告知致します。ご確認くださいませ。

 

必ず受け取り確認のメールをご返信ください。

 

返信がない場合、サーバーのトラブル等が考えられます。

 

お手数ですが、再度、ご連絡くださいませ。

 

ご予約メールは、以下の専用のアドレスとなります。

 

担当:菅井悟郎(店主)

 

workshop.sensetsens@gmail.com

 

お申し込み、お待ちしております。

 

 

 

イベント - -
24日のご予約の受付について

 

以下の時間帯、お一人ずつですが、まだ、空きがございます。

 

12:00  13:30  15:00  19:00

 

 

 

 

前回も今回もご予約が埋まらないようですので

 

「エクレール」は終了と致します。

 

少量でクリームやシュー生地仕込むのは、色々ともったいないので。

 

サンドもペッパーハム&カマンベールは終了となります。

 

 

 

お店のこと - -
ご予約受付について

 

24日のご予約は、前回同様、空いている時間帯がございます。

 

まだ、集計しきれていませんが、受付は継続しています。

 

珍しく夕方に集中しているようです。

 

16:30    18:00は、確実に満席です。

 

営業日程を見ていただければお分かりの通り、

 

7月は、

 

「季節のお菓子と珈琲の会」や15日のイベントによりお食事の営業は少なめです。

 

この会では、通常営業とは違う感覚でおつくりするものになります。

 

6名さまだけに2時間半を使わせていただきます。

 

受付は、22日の21時からとさせていただきます。明日には詳細を告知致します。

 

ご検討くださいませ。

 

 

 

 

お店のこと - -
今日のひとこと

 

 

 

 

 

食べたものを見せびらかして優越感を得ることに躍起になっているような人は、

 

(他人が見せびらかしているのを見て嫉妬している人は)

 

流行りのカフェでも行って、派手な写真でも撮っていればいいさ。

 

店主がインスタグラムに載せてもらえることを意識した

 

派手な盛り付けの生ぬるい精神のスイーツと熱いコーヒーでもな。

 

そういう人は、うちの店には向かない。

 

写真は撮って構わないから禁止にしないんだ。

 

1分ルールも廃止した。

 

カフェのルールの行間を心で読んで、好きに過ごしてもらいたい。

 

ただね、

 

カメラのファインダーばかり覗いていないで、

 

自分の心のファインダーも覗かないと、

 

ここにいる意味ないよ。心のね。

 

 

 

 

 

 

写真は、「サンスとトコロでセンスなトコロ 2」にて、

 

最終日のみ登場の「エクレール・ショコラ・ディプロマット」

 

 

 

 

 

今日のひとこと - -
今日のひとこと

 

 

 

 

 

私は、

 

あなたが

 

「私らしさってなんだろう?」

 

なんてことを考えなくても、

 

あなたがあなたらしくいられることを願っているだけなんだ。

 

ただ、それだけなんだ。

 

 

 

 

 

潜在的、本能的感覚(センス)よ、

 

開け!

 

 

 

 

今日のひとこと - -
「Hanako」

 

 

 

というのが発売されたようです。

 

当店も載せていただいています。

 

パンは一切、販売しておりませんのでお間違えのないようにお願い致します。

 

きっと、美味しいパン屋さんがたくさん載っているのだと思いますので、

 

ぜひ、ご覧下さいませ。

 

ちなみに、昔は、よく食べ歩いたりしたものですが、

 

独立後は他人のパンに興味がないため知りませんので

 

「菅井さんが美味しいと思うパン屋さんどこですか?」という質問は禁句です。笑

 

表現者が表現できる場を持ったのに、

 

他人のやっていることを気にしてどうします?

 

余計なことを言うようですが、

 

優良な個人店の最低条件として「店舗に毎日、オーナーがいること」。

 

いないなら論外。

 

以上。

 

 

 

お知らせ - -
| 1/74 | >>